“モデル→警察→漫画家”異色の経歴持つ韓国人「有名少年マンガ誌デビュー!」のその後に迫る

テレビドガッチ

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)が、2月13日に放送。この日は、過去にマツコを圧倒したクリエイターたちと中継を結ぶ。

まずは個人でゲームを作って大ヒットを生み出すインディーゲームクリエイターたちと中継。その中で出会ったのが現役高校3年生の「えふぇこ」さん。高校1年生からゲームを作り始め、わずか3か月で作成したゲームで、2019年高校生ゲームクリエイターNo.1を決める大会でなんと準優勝を獲得。数学の「媒介変数表示」をモチーフにしたゲームで、数式で美しい曲線が生まれることに感動して作ったのだとか。その大会がまた12月に開催、今回の作品はオリジナルストーリーで作成したアクションゲームだという。果たして、結果は……。

続いては、3年前中継した最新デジタルマンガが学べる専門学校の韓国出身だという男性の金さん。なんと韓国で警察官をしていたが、どうしても日本で漫画を描きたいと、仕事を辞めて日本に来たという。さらに、警察の前はモデルもしていたといい、体には自信があるという。体脂肪率2%だった時の写真に思わずマツコは「危険水域よ」とつぶやく。そんな金さん、すでに有名少年マンガ誌でのデビューがきまっているそうで、画を見せてもらうと、「やっぱり違うんだね。素人で見てもわかる、デビューする人は」と、そのクオリティの高さに驚く。また、隣にいた女性の中嶋さんは食べることが大好きで「タンシチュー」をエロく描く漫画でデビューしているという。あれから3年、この2人のマンガ家の卵はどうなっているのか?

また、年前中継した様々なVチューバーに会えると話題のイベント会場で出会ったのが、バーチャルユーチューバーの「みみたろう」。しろいふわふわの個性的な声のキャラクターに思わず、「クセになるわね」とつぶやくマツコ。みみたろうは普段小学生向けに授業の動画をあげているそう。将来の夢は先生になること。そして、NHKに出たいという。あれから2年、みみたろうがある番組のMCを務めているというが……?

前回の放送では、マツコを圧倒した夫婦たちのその後を取材。グラビアアイドル・倉持由香とプロゲーマー・ふ~どさん夫婦や、松田聖子のものまねをし続ける27年のベテラン・まねだ聖子が登場した。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ