オリヴィア・マン、米国でエスカレートするアジア系差別に懸念「外出さえままならない」

昨年からアメリカ各地でアジア系の人々に対する“ヘイトクライム”が相次いで起こっているが、最近は特にカリフォルニア州ベイエリアで高齢のアジア系を狙った被害が急増している。女優のオリヴィア・マンは、アジア系コミュニティーに暮らす人々にとって外出は恐怖であり「この国で安全に暮らすために支援が必要である」と自身のSNSで現状を訴えた。

新型コロナウイルスの蔓延とともに、世界各地で広がったアジア系の人々に対する偏見。ドナルド・トランプ前大統領が、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」「武漢ウイルス」などと形容したことも手伝い、アメリカではアジア系に対する“ヘイトクライム”が急増した。

最近では特にカリフォルニア州ベイエリアでアジア系の高齢者を狙った“ヘイトクライム”が立て続けに発生している。先月末にはオークランドで91歳の男性が後ろから男に突き飛ばされ負傷、サンフランシスコでは84歳のタイ系男性が背後からすさまじい勢いで押し倒され、その際の怪我が原因で数日後に死亡。今月に入ってからは64歳の女性が、銀行で現金を引き出したばかりの財布を奪われる被害に遭っている。

こうしたアジア系の人々をターゲットにした事件が続く状況を受け、女優オリヴィア・マンは現地時間9日、自身のInstagramに「STOP ASIAN HATE」のタイトルでメッセージを投稿。アジア系コミュニティーの現状を伝えるとともに、差別や偏見、ヘイトクライムを阻止するための支援を、と呼びかけた。

「ここ数日、アジア系アメリカ人に対するヘイトクライムの急増に私は言葉を失っています。人種差別的な言葉や暴力による攻撃は、私達のコミュニティーを恐怖に陥れ、外出さえままならない状況です。」

オリヴィアはさらに、最近発生したヘイトクライムの事例を列挙し、

「私達の抱える怒りを声高に訴えるためには、助けが必要です。」

「私達がこの国で安全を感じられるようになるためには、助けが必要なのです。」

と人々に理解と支援を求めた。メッセージの最後には「愛を込めて、オリヴィア・マン/誇り高きアジア系アメリカ人」と綴られている。

オークランドで男性が襲われた事件については、韓国系俳優のダニエル・デイ・キムとオークランド在住の中国系俳優ダニエル・ウーが「情報提供者には2万5000ドル(約260万円)の報奨金を支払う」とInstagramで呼びかけ(犯人はのちに逮捕されている)、新型コロナウイルスの猛威とともに急増しているアジア系に対する差別や偏見への懸念を訴えていた。

なおアジア系や太平洋諸島出身のアメリカ人に対するヘイトクライムの情報収集および事件発生を防ぐための活動を行う非営利団体「Stop AAPI Hate」によると、昨年3月から12月までに同団体に届いた被害件数は2800件超とのこと。オークランドのチャイナタウン商工会議所代表カール・チャン氏はここ数週間で同所に届いた被害届は20件ほどだが、報復を恐れる人や通報により客足が遠のくことを懸念する店主、「通報しても何も変わらない」と諦めモードの住民などもいることから、実際の事件数はそれ以上であろうと述べている。

ジョー・バイデン大統領も先月26日に行われた会見の中で、アジア系・太平洋諸国系のアメリカ人に対する差別に言及しており、

「このような外国人嫌悪は容認されるべきではなく、アメリカらしくもありません。」

「私は司法省に対し、アジア・太平洋諸国系のコミュニティーとの連携を強化し、ヘイトクライムの防止に務めるよう要請しました。」

と差別撤廃を誓っていた。

画像は『L i v 2020年4月17日付Instagram「PROUD member of the @asianamericangirlclub」、2021年2月9日付Instagram「[I’ve tagged some incredible accounts you can follow to stay aware]」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ