『あんさんぶるスターズ!』女子あるある10選!「サンドイッチがプレゼントに残りがち」「プロデュース時、無心にタップしすぎて椚先生を召喚」

リリースより5年、今や女性向けアプリを代表する作品の一つといっても過言ではないほど、超人気アプリに成長した『あんさんぶるスターズ!』。

Basic」と「Music」に分かれてからも、それぞれが数十万にのぼるフォロワー数を獲得し、爆発的な人気と売り上げを更新し続けているというこの神アプリに惚れ込んだオトナ女子が後を絶ちません!

『あんさんぶるスターズ!』にハマった女子あるある10

カッコかわいいキャラたちと、有名声優陣のフルボイスの魅力から抜けだせないアラサー女子の“プロデューサーあるある”をご紹介します!

 

1.ユニットや主従が揃うとニヤッとする

 

ガチャは完全な運試し。奇跡的に推しの所属するユニットメンバーが10連でそろうと、「これは……完全に推しからプロデュースせよと言われている……!」と、一人でひっそり喜びを噛みしめガッツポーズします。

1つユニットがそろうとほかのユニットや主従もそろえたくて、ガチャする手が止まりませーーん!

 

2.プロデュース時、無心にタップしすぎて椚先生を召喚してしまう

サクサク進めたくて画面を見ずにプロデュース場所をタタタタタ!と連打していたら、突然飛び出してくる椚先生。ピッと背筋が伸びます……

あっ、すいません。いまはお呼びじゃないので……椚先生好きだけど、後でご指導聞きますゴメンナサイっ!!

 

3.ガチャでレア確定演出がキターッと思ったら☆4カード

「今回の推しの☆5のカードを絶対出す……絶対にだ」。毎日ログインし、さらにはポイントサイトを地道に回って貯めに貯めていたダイヤを消費し、お目当てのカードがでてくるのをひたすら待つ。

あっ!この黄金のスポットライトは……!キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!と思いきや、出てきたのは☆が1つたりない☆4のカード……。黄金Verでも☆5が出るからあきらめられないっ!もう一回10連してきます!!!待ってて、推しよ!

 

4.日常でも「インスピレーション」「アメージング」の文字に反応する

何気ない広告や雑誌、街の看板やフライヤーに「インスピレーション」と「アメージング」の文字を見つけて「!」と反応したらその人は『あんスタ』クラスタです。 

目にした瞬間「月永レオ」と「日々樹渉」によるテンション高いアイドルセリフが頭によぎり、あわててニヤける口元を隠します。

 

5.ライブ満足度(VOLTAGE)があと10人以下で止まると悶絶

大事に大事に育成してきた、アイドルの実力を試す晴れの舞台。今度こそライブで一気に満足度(VOLTAGE100%を目指します!

「今回はかなりいけるはず……」と、テンションと期待が膨れ上がる中、無情にもあと数人でピタッと止まるゲージ……。うそでしょー!!

「くっ……次こそ余裕でクリアしてやるんだ!」と、余計に火がつきさらに育成にはげむという、“あるある率ダントツ1位”の「Basic」版あるあるでした。

 

6.急いでいる時に限って会話イベントが発生する、そして結局見る

「いまは時間がないからこれだけルーティーンでまわしちゃお!」と、スキマ時間でちょっとだけ触った時にこそ発生する「会話イベント」。

しかも推し……!くっ……時間が……。でも、これを見逃したら後悔するし、じっくり読みたい!!結局体は半分移動しかけたまま会話を最後まで見守り、ついでにスクショもしまくるのでした。

 

7.サンドイッチがプレゼントに残りがち

プロデューサーあるあるTOP3。アイテムボックスは、AP回復のサンドイッチ祭り。かつては焼きそばパンの受け取り待ちの行列が作られていたけれど、大型アプデが入っても、やっぱりパンは溜まりがち。

もうこれ私が実際に食べられないですかね……。「サンドイッチ」が続く文字を見るとなんだかおいしそうに思えてきて、深夜にお腹が減ってくるまでがあるあるです。

そしてサンドイッチを店頭で見つけると「あ!」と食いつき、買いたくなる衝動に駆られるのもお約束なのでした。 

 

8.「fine」の読み方を「ファイン」と読み間違える

おそらく99%のプロデューサーが最初読み間違えたであろう「fine」のチーム名。ファイン、ファイン…王子様みたいなグループなのに、なんだか元気はつらつだなと思っていたら「フィーネ」っていうすごく優雅で繊細なお名前でした、ゴメンナサイ。 

 

9.ダイヤが少ない時にかぎって緊急ライブが頻出

「最近ダイヤを使い過ぎたな。次のイベントや推しのために温存しとこう……」と、思った時にこそくる「緊急ライブ」。しかも連発。

ああ、ライブの神よ、なぜ今なのですか……!そうはいっても、やっぱり“オイシイ”緊急ライブは逃したくないっ……!!

けっきょく追い課金して、緊急ライブも全部きっちりこなしちゃうのでした。プロデューサー力(お金で殴る力)が……いま試されているっ!!

 

10.スクショポイントばっかりで、携帯の容量がすぐ埋まる

『あんスタ』をプレイ中は、スクショする手が止まらないっ!彼らはいつでもベストショットタイム!その表情、そのセリフ……いただきました!!

歌やダンス中は一瞬でも逃さないように、カシャカシャ連続スクショ。「ふー、すごくカッコよかった!」と、満足してあとでフォルダを開いたら、余裕で100枚を超えててビックリ。

『あんスタ』のためにメモリーカードを追加したり、クラウドのストレージサービスを利用しだしたオトナ女子は私です。ゲーム内以外で課金(出費)するほど、推しの思い出の保管に必死になったのは『あんスタ』が初めて!もっとください!!

 

スクショもカードも収集熱がおさまらない!

プレイヤーが遊び方を選択できるように、画期的なアプリ分けがなされた殿堂入り人気アプリの『あんスタ』。「basic」も「music」もどちらも大規模なユーザー数を抱えながら新規イベントを連発し、ファンの心をがっちり掴んで放しません!

まるで本当に生きているかのようなアイドルたちの姿と、イケボに魅了され続けるオトナ女子たちは、推しのかっこいい姿やエピソードを逃すまいとオトナの経済力を武器に、今日もカードとスクショも集めまくるのでした……。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ