花田優一のDV告発に貴乃花は「息子は女性関係がだらしない」、続く暴露の応酬

wezzy


 以前から確執が囁かれてきた貴乃花光司と息子でアーティスト・靴職人の花田優一氏だが、週刊誌を利用した双方の“暴露合戦”が激化している。

事の発端は、今年1月22日に行われたセキュリティー会社のオンラインイベントで、貴乃花が<息子は完全に勘当しております>と発言したことからだった。この言葉にショックを受けた優一氏は、2月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)のインタビューで、貴乃花のアルコール依存や母・河野景子氏へのモラハラを暴露する。

また、昨年11月には優一氏が貴乃花のバイクを勝手に売却したと一部週刊誌が報じたが、優一氏はこれを事実ではないと否定。2018年に貴乃花と景子氏が離婚し、景子氏が家を出ていく際、貴乃花の関係者2人の許可を得たうえで売却したと説明した。

優一氏は<“連絡もよこさない”と父は言っていますが、父が携帯番号を突然変えてしまったので、こっちが連絡したくてもできません。母と離婚したときも、父から僕ら子どもたちに電話1本、メール1通ありません。連絡もとれないのに“連絡がない”とか“勘当だ”というのは理解できません>と怒りを露わにしていた。

母の景子氏は<正直、この件については何もお答えしたくない思いです。ただ息子がこのような話をする状況になったその気持ちもわかります>と、優一氏に同情的だ。

そして優一氏は2月3日と4日に公開されたYouTubeチャンネル「街録ch-あなたの人生、教えてください-」の動画にも出演し、そこでも「自分は靴職人として名前を売るためのメディアに露出しているものの、父には『靴だけ作っていろ』と言われる」「父は自分が離婚したのも全部僕のせいだと言い始めたり、圧力をかけて仕事を邪魔してくる」「芸能界はマジで汚い」など、貴乃花との確執や芸能界への不信感を語った。優一氏は2018年に離婚をしているが、離婚の理由は自分の家族を立て直すのに必死だったためだそうである。
貴乃花は「息子の女性関係のだらしなさ」を暴露
 一方で、父・貴乃花は息子・優一氏の証言を真っ向から否定する。2月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューに応じた貴乃花は、酒の暴飲はしていないと説明。優一氏がバイクを売却した件については、自分も自分の関係者も許可していないという。

景子氏と言い合いになることはあったというが、争いの原因は優一氏だったという。貴乃花は「職人を語るなら半端なことをするな」という思いから、靴職人の仕事を放棄してメディアへの露出を優先させたり、自分の名前を使い様々な場所で横暴な態度をとる優一氏を叱っていた。だが当時から、景子氏は息子の味方をしていたそうだ。

また、YouTubeで優一氏は自身の離婚の理由を「家族を立て直すのに必死だった」と話しているが、貴乃花によると、優一は結婚後も妻以外の女性と頻繁に連絡を取るなど、女性関係にだらしなかったという。

貴乃花の反論を受けて、優一氏も再反論。2月9日にInstagramを更新し<権力とメディアで真実が捻じ曲げられる瞬間をしっかりと感じてほしい>と綴り、翌日にはブログで<今日はワイドショーでひどい内容放送するらいしいから気をつけて 再三お伝えするがメディアを信じちゃダメだよ>と、自分の証言こそ真実だとの主張を続けている。

とはいえ、家族内で起こったことの真相は家族にしかわからない。父と息子どちらの証言が正しいのか、もはや第三者には判断のしようがないだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ