東京・渋谷で頻発する「迷惑行為」に地元商店が憤慨 「外国人観光客より酷い」

しらべぇ




緊急事態宣言が3月7日まで延長。

不要不急の外出自粛要請により、街はひっそり静まり返っているかと思いきや、ここ東京・渋谷は違った。

画像をもっと見る

■緊急事態宣言はどこに…




「建国記念の日」(11日・祝日)に日付が変わろうとしていた10日22時、渋谷マークシティ付近の飲食店街には多くの若者、サラリーマンが集まっていた。

東京都が飲食店などに時短営業を要請していることもあり、大半の店は20時に暖簾を下ろしていたが、ごく一部のお店は20時以降も営業を続けている。

路上にいる人たちのお目当てはそんな遅くまでやっている飲食店。店の前には10人近い行列が形成されており、あるラーメン店の前にはマスクをしたサラリーマンが会話もなく静かに並んでいたが、ある居酒屋の前には喫煙しながら雑談する人々と、その光景は様々である。

関連記事:『グッとラック』自粛要請に従えない店舗の本音 志らくは「いくらなんでも酷」

■歩きスマホならぬ“歩き酒”




道玄坂方面から駅に向かって歩いてきた若者グループは、缶ビールやチューハイ片手に“歩き酒”のまま談笑中。ファッションビル「SHIBUYA109」手前の路地裏に座り込み、喫煙、飲酒とやりたい放題だった。

さらに周辺を見渡すと、お店の看板を持ったガールズバーの若い女性をマスクもせずにナンパする酔いどれサラリーマン。平時はよく見かける様子も、緊急事態宣言下ではよりカオスに見える。

■空き缶や吸殻が散乱




間も無く移動を始めた若者グループは、ゴミをそのまま放置。空き缶や吸殻が周囲には散乱しており、まるでこのエリアがそのまま居酒屋のよう。

遅くまでやっている近くの薬局で話を聞いた。男性店員は「緊急事態宣言が出てからポイ捨てが格段に増えた。地元商店の人たちで朝に掃除を行っていますが、とにかく量が物凄い」と顔を曇らせる。

■「外国人より酷い」




さらにマナ悪な若者に対しての怒りは収まらない。

「少し前、一部の外国人観光客によるポイ捨て行為が問題視されたけど、よっぽど今の日本人のほうが酷い。その辺に座って飲んでくっちゃっべってたら、屋外といえど感染リスクもあるので危険なはず。コンビニは20時以降お酒を売らないで欲しい」と続け、やるせない気持ちを記者に打ち明けてくれた。

コロナ封じを狙った新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案は13日から施行される。時短営業に従わない飲食店等には「30万円以下の過料」を課す規定も盛り込まれているが、この渋谷の状況改善は一筋縄にはいかなそうだ。

・合わせて読みたい→緊急事態宣言初日、連休を前にした渋谷・新宿の繁華街は… 「朝まで営業」客引きの姿も

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ