平子理沙“キキララ”のトレーナー姿に「違和感無くてさすが」「永遠の少女」の声

モデルの平子理沙が、2021春夏のトレンドカラーでもあるミントグリーンの着こなしをインスタグラムで紹介した。サンリオキャラクター入りのトレーナーやふわふわコートなどアラフィフ女性なら尻込みしそうなアイテムだが、フォロワーからは「この服を着れるのは りささんだけ」と太鼓判を捺されている。

昨年12月に入ってから1か月ほど、母親が暮らすアメリカ・ロサンゼルスに滞在していた平子理沙。母の平子禧代子さんは日本にネイルアートを広めた第一人者として知られ、日本のネイルアート界で活躍する講師の中には彼女の教え子がたくさんいるそうだ。禧代子さんは現在、ロサンゼルスにある高級リゾートホテルのような豪邸に一人暮らしをしている。81歳を前にインスタグラムデビューを果たし、ゴージャスな日常を紹介している禧代子さん。理沙は2月14日で50歳になるが、母娘のツーショットを見ていると、実年齢がピンとこない人も多いのではないだろうか。

コロナ禍でも度々渡米し、一人暮らしをする母のもとを訪ねていた理沙。近くに住む、兄の子どもと会うのも楽しみだという。1月15日の『平子理沙 RISA HIRAKO risa_hirako Instagram』では「先日、LAから東京に帰ってきました」との報告と「可愛い甥っ子のジョアくんとジャズくんと一緒に、何度も仮面ライダーごっこをしたのも楽しかった」「毎日ママの手料理も食べれたし、ママと一緒によくドライブにも行ったし」と明かしており、外食できないなど不自由な生活ではあったが家族と過ごしたロサンゼルスでの充実した日々を振り返っている。

2月に入るとインスタグラムには、ミントグリーンカラーのトップスが相次いで登場。10日には「子供の頃、大好きだった『リトルツインスターズ』のトレーナーを部屋着に買っちゃいました」とご機嫌な様子で報告している。双子の愛らしいキキとララは40年以上も愛されているサンリオの人気キャラクターで、40~50代の女性の中には今でもファンが多い。

このキキとララのトレーナーを着た平子理沙の姿に、「私も幼稚園児の頃、大好きでした」「懐かしいです! そして似合っちゃうりちゃさん」「理沙ちゃんの笑顔がまた若くて可愛いです」「違和感無くてさすが」「永遠の少女ですね。ほんと可愛い」といった声や、「どこに売ってるのかなぁ」と自分も欲しいという声が寄せられている。パステルカラーの中でもクールな印象を感じさせるミントグリーンは、キャラクター物でも挑戦しやすいのかもしれない。

画像2、3枚目は『平子理沙 RISA HIRAKO 2021年2月10日付Instagram「子供の頃、大好きだった『リトルツインスターズ』のトレーナーを部屋着に買っちゃいました」、2020年12月25日付Instagram「Merry Christmas」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ