全米が興奮、保護犬がファーストドッグへ大出世。ホワイトハウス入りしたワンニャンたち

女子SPA!

 ジョー・バイデン米大統領就任にともない、アメリカ伝統の“ファーストドッグ”が4年ぶりにホワイトハウスに復活。

うち1匹が動物保護施設から引き取られた保護犬であることから、歴代初の保護犬ファーストドッグとして、非公式インスタグラムの開設やZOOMを使った「大統領ドッグ就任パーティー」が開催されるなど、注目を集めています。

◆4年ぶり初の保護犬ファーストドッグに全米大興奮

1月24日、ホワイトハウスにジャーマン・シェパード2匹が移り住みました。

この日、ホワイトハウスにやってきたのは、バイデン夫妻が2008年にブリーダーから購入したチャンプと、2018年にデラウェアの動物保護施設から引き取ったメジャー。

アメリカでは、大統領家族がペットを連れてホワイトハウスに移り住むことが伝統。ジョージ・ワシントン以来、やんちゃな犬を飼っていたことで知られるロナルド・レーガンや、犬と一緒に親子2代でホワイトハウス入りしたパパ・ブッシュと息子のジョージ・W・ブッシュなど、歴代大統領のほとんどが犬を飼っていました。

ところが、前大統領のドナルド・トランプは「時間がない」「嘘くさいと思われるのはイヤだ」を理由に、犬に限らずいかなるペットも飼わなかったため、ホワイトハウスにペットが戻ってくるのは4年ぶり。

全米での注目の高さは、2匹のホワイトハウス入り翌日に、「チャンプは暖炉のそばにある新しいベッドを気に入り、メジャーは南側の庭を楽しそうに走り回っていました」と、ホワイトハウス報道官が報道陣に伝えたことでも明らかです。

『ピープル People』によると、2月7日に行われた「パピーボウル(アメリカンフットボールの祭典スーパーボウルの裏で放映される、里親募集中の子犬たちによるフットボール大会)」で、ジル・バイデン夫人が2匹と一緒にビデオメッセージを配信。

パンデミックにおけるペットたちの存在の大切さと、マスク着用の重要性、ペットを新型コロナ感染から守ることへの飼い主の責任などを主張したことも話題になりました。

◆捨て犬がファーストドッグになった過去も

『スレート Slate』によれば、モッキンバード(マネシツグミ)と子グマを飼っていたトーマス・ジェファーソンや、牛をペットにしていたウィリアム・ハワード・タフト、アライグマを愛したカビン・クーリッジ大統領夫人など。過去には犬猫以外がホワイトハウス入りしたこともあったそうですが、やはり主流は犬か猫。

CNNによると、初の保護犬ファーストドッグとして注目を集めているメジャー以外にも、動物保護施設を通さなかっただけで、捨てられていたところを救助されて、直接ホワイトハウスにやってきた犬や猫は過去にもいたようです。

ジョン・F・ケネディ元大統領の死後、副大統領から大統領に就任したリンドン・B・ジョンソンの5番目のファーストドッグとして愛されたユキは、テキサスのガソリンスタンドで捨てられていたところを、大統領の娘ルーシーに拾われてきたミックス犬。

また、ビル・クリントン元大統領家族が、チョコレートラブラドールのバディの他に飼っていたファーストキャットのソックスも、もともとは捨て猫でした。

現在、バイデン大統領夫妻は猫を探しているそうですが、正式に引き取ることになり、今度も保護猫や捨て猫ということになれば、次はファーストキャットブームが巻き起こりそうです。

◆日本皇室やイギリス王室でも保護犬を寵愛

イギリス王室や日本皇室でも、以前から保護犬が飼われています。

昨年12月の愛子さまの誕生日に2ショットを披露するなど、天皇ご一家の写真や映像によく登場するミックス犬の由莉(ゆり)は、2009年に動物病院で保護されて天皇家に仲間入り。

愛子さまご誕生前から飼われていた愛犬まりの死後に引き取られたため、名前の響きを似せて「ゆり」と名付けられたといわれています。

イギリス王室では、チャールズ皇太子の妻カミラ・パーカー夫人が、ジャック・ラッセル・テリア2匹を動物保護施設のバタシー・ドッグズ&キャッツホームから貰い受け、ブルーベルとベスと名付けて溺愛しています。

『ヴァニティフェアー Vanity Fair』によると、昨年12月にカミラ夫人の名前を冠した新施設がバタシー・ドッグズ&キャッツホームに増設された際には、ベスを連れて同ホームを訪れ、コロナ禍でチャリティ活動を続けるスタッフをねぎらったそうです。

また、愛犬家として知られ、結婚前から保護犬の受け入れに熱心だったというメーガン妃は、現在ヘンリー王子と長男のアーチー君と一緒に、ビーグル犬のガイ、ラブラドールのプラをロサンゼルスで育てています。

Sources:「People」「Slate」「CNN」「Vanity Fair」

<文/橘エコ>

【橘エコ】

アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ