東野幸治、YouTubeを一旦休止へ その理由に本人もファンも複雑

しらべぇ




お笑いタレント・東野幸治が20日、自身のYouTubeチャンネル『東野幸治の幻ラジオ』を更新。3月いっぱいをもって、YouTubeを一旦休止することを発表した。

■ついにラジオ番組決定


本来、2020年4月からラジオ番組のレギュラーが決まるはずだったが、スポンサーがつかないという理由で番組は“幻”に。

そんな経緯から、同年2月23日よりYouTubeチャンネル『東野幸治の幻ラジオ』がスタート。編集などは「娘D」の愛称で親しまれている長女が担当し、親子二人三脚の体制で、音声のみの配信を行ってきた。

YouTube開始からまもなく1週年と、記念すべき節目を迎えようとするこのタイミングで、一旦休止することを明かした東野。理由はなんと、4月からラジオ番組のレギュラーが決まったからだという。

関連記事:東野幸治、認知症の蛭子能収にエール ロケで「東お」と間違えられショックも

■心境は複雑


念願のラジオ番組決定。しかし、東野の心境は複雑だった。テレビでは聞けない裏話やプライベートトークを披露して、「幻民(まぼろしみん)」と呼ばれるファンを増やし続け、現在の登録者数は15万人以上。今となってはスポンサーがつくほどの人気チャンネルに成長した。

娘D、幻民、スポンサー。周囲のおかげもあって、ここまで駆け抜けてこれただけに、ラジオ番組の決定は「ありがとうございますって言っていいのか、申し訳ございませんって言っていいのか」と吐露した。

■やりたかったラジオを優先


「ラジオをやりながらYouTubeも続ける」という選択肢もあったが、前者を優先することに。

「最初の目的としてはラジオがしたくて。スポンサーつかずにできなかったけど、今回はスポンサーもついてできるということのお話だったので、最初の目的通り、ラジオ番組の方を選びました」と説明している。

■ファンショック「嘘だと言ってくれ」


動画のコメント欄には「新番組決定、おめでとうございます!」と祝福の声が寄せられたが、それよりも「休止悲しすぎ」「ラジオ決まったのは良かったですが…なんでだろ、心から祝福出来ない」「嘘だと言ってくれー」とショックを受けるユーザーの姿の方が目立った。

ファンの反応を見ただけでも愛されていたことが分かる『東野幸治の幻ラジオ』。またYouTubeで再会できる日を心待ちにしたいと思う。

・合わせて読みたい→東野幸治、宮迫博之の生放送出演に内心焦り 「吉本と揉めたら嫌だなぁって」

(文/しらべぇ編集部・RT

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ