『ねほりんぱほりん』児相職員になった女性がきっかけ語る 「園児が道路に飛び出して」

しらべぇ




10日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)に、児童相談所職員が登場。職員になったきっかけとなる衝撃的なエピソードを明かし、多くの視聴者がショックを受けた。

■3歳児が道路に飛び出して…


相談業務歴が12年になるというゲストの児相職員の女性は、以前、保育園の先生をしていたという。

南海キャンディーズ・山里亮太は、「でも、保育園の先生から児相の職員になったのは何でなんですか?」と質問。

すると女性は当時を振り返り、「園児たちとお散歩してたら、1人の子供が急に道路に飛び出して…」と話し、続けて「『私なんか車に轢かれて手も足も飛んじゃえばいいんだ! 私なんかいなくなればいいんだ!』って言ったんです」と語る。

女性から語られた衝撃的な話に、YOUと山里が「その子が!?」「園児…?」とざわつくと、さらに女性は「3歳! 3歳なんですよ」と明かした。

関連記事:保育士の男が児童ポルノ犯罪組織に加担 少なくとも16名の園児が被害に

■当時は児相に「ポンコツ!」と怒り


なお、この出来事にショックを受けた女性がよくよく話を聞いていくと、その園児は虐待を受けている子供だったことが判明。

当時、この園児には児相が関わっていたとのことだが、事態は中々改善されず、保育園の先生だった女性は怒り「児童相談所何やってんだ! このポンコツ!」と思ったそうだ。

そして女性は、こういった悲しい出来事があったため「何とかして子供を守りたい」という気持ちを胸に児相に入ったと語った。

■行動力を称える声も


女性が児相職員になったきっかけを明かすと、多くの視聴者は「3歳の園児がそんなこと言わなきゃならないほど追い詰められてるなんて…」「3歳が…泣くわ…」と衝撃を受ける。

その一方、この出来事で「児相職員になろう」と行動を起こした女性に対して「そこから自分で助けようって児相職員になる行動力もすごい」「それがきっかけで児相職員になったのね。熱い人だ今回のゲスト」と、行動力を称える声が続出した。

■虐待してしまった割合は


しらべぇ編集部が全国20~60代の子供を持つ男女764名に調査を実施した所、全体の11.1%が「子供を虐待した経験がある」と回答。



悲しい結末を迎えてしまう前に、虐待をしてしまった人、虐待を受けた子供の両方が救われて欲しいと強く願うばかりだ。

・合わせて読みたい→大阪の一時保護所で入所児童による事件発生 児相は被害児童保護者に1ヶ月報告せず

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20~60代の子供を持つ男女764名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ