小川彩佳アナ夫の不倫、超ハイスペ同士の結婚に潜むワナ

女子SPA!

<亀山早苗の不倫時評>

次々と報道される有名人の結婚離婚。その背景にある心理や世相とは? 夫婦関係を長年取材し『夫の不倫がどうしても許せない女たち』(朝日新聞出版)など著書多数の亀山早苗さんが読み解きます。(以下、亀山さんの寄稿)

◆小川彩佳アナ夫の不倫、ハイスペ同士の結婚に潜む罠

TBSの報道番組「ニュース23」のメインキャスターである小川彩佳アナ(35歳)の夫・豊田剛一郎氏(36歳)が一般女性と不倫をしていたと先週、週刊文春(2月4日発売号)によって報じられた。今週は不倫相手の女性A子さん(35歳)の告白が、週刊ポスト電子版に2月6日に掲載され世間を賑わせている。

この3人の関係の時系列がなかなかに興味深い。小川アナといえば、アイドル男性とつきあっていたものの、2018年に“破局して他の女性と付き合っている”との報道が出たりした。一方、小川アナはその直後から豊田氏と交際に発展、1年の交際を経て2019年7月に結婚した。豊田氏とA子さんの出会いは2018年12月。19年2月にふたりは男女の仲になった。

その後すぐ、A子さんは彼から「恋人がいる」と聞かされたという。それが小川アナだとわかったのは5月になってから。自分の結婚が報道されると豊田氏が打ち明けたからだ。

そして小川アナと豊田氏は7月に結婚。その後もA子さんは悩みながらも彼との関係を続けている。結婚2ヶ月後の9月、豊田氏はA子さんに「ふたりで一緒にいられる部屋を借りよう」と提案、家賃の半額を出して,週に3日は来ていたというが、泊まっていくことはなかったという。(NEWSポストセブン『小川彩佳アナ夫・不倫相手の告白1 「素敵な夜だった」』より)

2020年7月、小川アナは第一子を出産、10月にニュース23に復帰、同時期、豊田氏とA子さんは沖縄旅行に出かけている。

こう書いてくると、見事な二重生活としか言いようがない。

◆ハイスペ同士の結婚に潜む罠

小川アナは、豊田氏にふたまたをかけられているとわかれば、結婚に踏み切るはずはない。そのあたり、彼女はかなり潔癖なようだ。

小川アナは、某大学病院教授の父をもつ帰国子女だ。青山学院大学を卒業後はテレビ朝日にアナウンサーとして就職。彼女自身がハイスペック女子である。

一方の豊田氏は元大蔵官僚を父にもち、開成高校から東京大学医学部へ進んだ、さらなるハイスペ男子。都内の病院で脳神経外科医として勤務した経験ももつ。その後は、友人が創業した医療ベンチャー「メドレー」の共同代表に就任した。遠隔医療サービスを提供するこの会社は、2000を超える病院と取引があるという。

ハイスペ同士でありながら、ふたりの男女観、夫婦観が異なっていたのかもしれない。豊田氏にとって、結婚はあくまでも「家族を作るもの」だったのではないだろうか。

ここからは単なる想像だが、小川アナの父も医師である。娘の結婚相手が東大出の医師であることから、話が合うと喜んでいたかもしれない。豊田氏も、医師の先輩である父から、医療サービスに関する意見やアドバイスをもらうことがあったかもしれない。そんな夫と父を見て、娘である小川アナはうれしかったかもしれない。すべてが「かもしれない」だが、そんな光景は目に浮かびやすい。

◆豊田氏にとってA子さんとは「恋」

小川アナにとって、自分の家族に馴染んでくれるハイスペ男子は夫として最良だった。前カレと違って地に足をつけて仕事をしていると評価もしていたかもしれない。

豊田氏にとっても、同じ理由で小川アナの「家族」になるのは喜ばしいことだっただろう。妻は有名なニュースキャスター。テレビで妻を見ながら、密かに「こんな素敵な女性を妻にもった自分」を考えて優越感に浸っていたかもしれない。

A子さんは「安達祐実似のウェブデザイナー」と言われている。妻と同い年の女性とつきあっているところに、「若い女性と遊びたい」わけではない豊田氏の感性が表れている。

A子さんの言を借りれば、恋人がいるとわかったとき、結婚が決まったとき、子どもが生まれたときなどを契機に、何度も「別れよう」と言ったそうだ。ところが豊田氏は「別れたくない」と連絡をよこす。そう言われるたびに、彼の気持ちに引っ張られたと告白している。

それが本当であるなら、豊田氏は、A子さんとの関係を「恋」と位置づけていたのだろう。家族愛とはまったく別物として。

◆「妻」と「恋人」を完全に分けていた?

A子さんと豊田氏は趣味が合ったという。スキューバダイビングやスノーボードなどが好きで、一緒にいて楽しかったと彼女は言っている。A子さんには、いつか離婚して自分のほうに来てくれるのではないかという微かな希望があったのかもしれない。

だが、豊田氏は、完全に自分の中で「妻」と「恋人」を分けていたのではないだろうか。

妻は、その家族も含めてあくまでも自分自身のオフィシャルな関係、そして恋人とはプライベートな関係。両方、問題なく継続できれば、それは幸せで満たされるのだろうが、世の中、そうは甘くなかった。

A子さんとの関係を誰が週刊誌にリークしたのかはわからないが、本人でないとするならば、そのリークこそが「ハイスペ夫婦」への世間の嫉妬なのかもしれない。

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】

フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ