中居正広、SixTONESを大イジり「怖いと思った先輩は?」

 

2月5日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、MCの中居正広が、ゲストにジャニーズ事務所のSixTONESを迎え、バラエティの洗礼を浴びせるがごとくイジりまくった。

 

中居「俺、好感度とか知んねぇし」

中居がまず標的にしたのは、グループ最年少メンバーの森本慎太郎。実は12年前、当時小学校6年生の時に、前身番組である『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演していたそうなのだが、中居は起立し、衣装を整えて右手を挙げながら冷静に「覚えてません」と一言発して笑わせる。さらに、当時と顔つきがあまりにも違う事にフォーカスし、「さっきの映像と大分違う。どっか寄り道したね」とイジって森本も苦笑いを浮かべていた。

 

そして次に、SixTONESに対し様々な質問がなされたが、「怖いと思った先輩は?」の項目で中居が挙がり、中居は憮然とした表情になる。「こういう顔すんだよ」「テレビでしちゃいけない顔」とのガヤには「俺、好感度とか知んねぇし」と開き直る中、中居を怖いとしたのは松村北斗だった。松村は「1年前デビューしたての頃、楽屋に挨拶に行ったとき、ドアを開けた瞬間『誰っ!?』ってデッカい声で言われて、メチャメチャ怖かったんですよ」と話し皆爆笑。「誰か知らない人が入って来たら『誰?』って言うでしょ」と中居は弁解するも「数秒待てば自己紹介しますとも」と松村に返され中居は大爆笑していた。

 

続けて「尊敬している先輩は?」にも中居の名前は挙がったものの、森本が「いない、中居のファン」と回答しているのを見て「ちょっとお前さ、日頃俺の事『中居』って呼んでるだろ」とツッコんで森本も困り果る。続けて中居は「『いない』の後の『中居のファン』も嫌だ。『中居のファンはいない』みたいじゃん」となおもツッコむ中居に対し、森本は「芸能界の、上の御所から下のペーペーまでさばけるのがすごいと思うんですよ」と理由を説明していた。

※トップ画像は『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ