ラミレス元監督、現在の職業に驚きの声 『深イイ話』の密着で…

しらべぇ




8日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、横浜DeNAベイスターズの元監督・アレックス・ラミレス氏に密着。現在の”職業”に、視聴者からは驚きの声が上がっている。

■「家族との時間を大切に」


ベネズエラ出身の元プロ野球選手で、2016年シーズンから2020年シーズンまで同チームの監督も務めたラミレス氏。現役時代には「ラミちゃんです」の持ちネタで、お茶の間にも愛された名プレイヤーだ。

そんな同氏だが、現在はなんと「専業主夫」なのだという。日本人の妻、3人の子供を持つ同氏は、監督退任後「家族との時間を大切にしたい」との思いから、家事や子供の面倒などを担うことになったのだそうだ。

関連記事:『スッキリ』夫婦の家事時間を特集 「旦那が家にいる時間にやって」と指摘も

■現役時代より大変?


「これが僕のいまの仕事」と言いながら、ゴミ捨てや皿洗い、子供のオムツ替えなどを次々とこなすラミレス氏の姿に、スタジオからは「ええー」「やるんだそういうのも!」と驚きの声が。

楽しそうに家事をこなしてく同氏だったが、3人の子供と遊んだり、お風呂に入れたりと夜になってもやることが多く、最後はヘトヘトに。「大変ですか?」とのスタッフの問いに、「野球やってた方がよっぽど楽チンさ」と回答していた。

■「良いお父さん」


現役時代には、外国人初の名球会入りまで果たした同氏。打点王、2年連続MVP、日本通算2000本安打などの快挙を成し遂げた名選手が黙々と家事をこなす姿に、視聴者からは「全然印象違う」「本当にラミちゃん?」と驚きの声が。

また、監督を退任し「家族との時間を大切にしたい」と一日の多くの時間を家族に割くその姿勢に、「良いお父さん…」「ラミちゃんがいてみんな幸せだろうな」といった感動の声も寄せられていた。

■家族のためなら頑張れる?


しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、全体の44.0%が「家族のためならどんなことでも頑張れると思う」と回答する結果に。



人生の多くの時間を野球に注いできたこともあり、家事はあまり得意でない様子のラミレス氏。2021年の抱負は「妻から怒鳴られないようにすること」だそうだ。

・合わせて読みたい→『5時に夢中』大橋未歩、ひどく暴れていた過去に驚きの声 「想像つかない」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ