芸能界の美人妻が何故“サレ妻”に…美女を裏切って不倫した男たち

まいじつ

佐々木希 
(C)まいじつ 

元テレビ朝日でフリーアナウンサーの小川彩佳の夫が不倫していたことが発覚した。報じたのは『文春オンライン』。夫で、医療ベンチャー『メドレー』の代表取締役医師・豊田剛一郎氏が、緊急事態宣言の最中、愛人女性と密会を重ねていたという。

これを受けて、豊田氏は代表取締役から取締役に異動することが決定。会社としても《投資家の皆様に対してご心配及びご不安を抱かせるような事態を招いたことを、当社より深くお詫びいたします》と謝罪文を公表している。

小川といえば、一時は『嵐』櫻井翔と結婚間近とも囁かれ、その才色兼備な高嶺の花ぶりで視聴者を魅了してきた。そんな彼女が裏切られたという事実に、ネット上では

《きれいな奥さんがいても浮気するんだ。絶句》
《こんな美人なお嬢さまでも浮気されちゃうんだ…》

といった驚きの声があがっている。しかし、絶世の美人妻を持ちながら不倫したケースが、芸能界には山ほどある。

“美人妻”がいながら不倫する男たち…


「代表的なのは、『アンジャッシュ』渡部建でしょう。芸能界一、いや日本一といってもいいほどの美人妻・佐々木希がいながら不倫をし続けていたのですからね。年下の美人妻を持っても、不倫するかどうかは関係ないようです」(芸能記者)

また、芸能人のランクとして、男が下なのに不倫したというケースも。

「東出昌大は、杏という大女優を妻に持ちながら不倫。田中哲司は13歳下の仲間由紀恵と結婚しながら不倫。陣内智則は、2歳上の藤原紀香がいながら不倫しました。いずれも男側が格下であったことから、世間の批判は通常の不倫以上のものに。妻が美人だろうが、自分よりも稼いでいようが、年下だろうが年上だろうが、不倫する男にとっては一切関係ないようです」(同記者)

ここまで美人妻たちが裏切られているのを見ると、石原さとみ、戸田恵梨香、山本美月などの新妻も、心配になってしまうというものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ