寺脇康文“班長”、武田真治らと事件解決に奔走『今野敏サスペンス 警視庁臨海署安積班』

2月8日(月)の「月曜プレミア8」枠は、寺脇康文主演の『今野敏サスペンス 警視庁臨海署安積班』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。

同ドラマは、本格警察小説の名手・今野敏による「二重標的(ダブルターゲット)東京ベイエリア分署」(ハルキ文庫刊)が原作。寺脇は、“班長”こと東京湾臨海署強行犯係・係長の安積剛志を演じる。また、安積の部下・村雨秋彦を武田真治が、須田三郎を松尾諭が演じる。

<あらすじ>
東京湾臨海署強行犯係・係長の安積剛志(寺脇)に、ライブハウスでホステスの藤井幸子(山田桃子)が毒殺されたとの通報が入り、村雨秋彦(武田)、須田三郎(松尾)ら部下と現場へ急行。死因はワインに混入した青酸カリによる中毒死。店長曰く初顔だと言い、1人でずっとテーブル席にいたという。騒がしいところが嫌いだったという幸子がなぜここに……?

実は1人で店を訪れた客が毒殺されるという事件が、池袋と六本木のクラブでも発生していた。捜査一課係長の荻野照雄(加藤雅也)は、3つの毒殺事件を同一犯による無差別殺人と見て、防犯カメラに映っていた接触者の身元特定を指示するが、安積は被害者の身辺を調べるのが先だと主張。その後も所轄と一課はことあるごとに衝突し、怒号を浴びながら安積班は独自で捜査を進めていく。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ