おいでやす小田に「裏切者」と三浦マイルド おいでやすこがの大活躍に沈痛な面持ちの『R-1』常連組

『M-1グランプリ2020』で準優勝を果たしたピン芸人コンビ「おいでやすこが」(おいでやす小田・こがけん)の番組出演が激増している。「『M-1』ドリーム」だと喜ぶおいでやす小田とは対照的に、ピン芸人のコンクール『R-1ぐらんぷり』常連組の顔色は冴えない。次回の大会からは出場ルールが芸歴10年以内となり、出場資格を失った三浦マイルドやルシファー吉岡、ヒューマン中村らは沈痛な面持ちだ。

2日深夜放送のテレビ朝日系『霜降りバラエティー』では「緊急招集!! R-1おじさん芸人」として『R-1ぐらんぷり』2013年チャンピオンの三浦マイルド、2019年決勝進出の岡野陽一、決勝進出6回のヒューマン中村、決勝進出5回のルシファー吉岡が集結した。2021年大会からは出場者は芸歴10年以内にルールが変更されたため、全員出場資格がなくなってしまった。

これに『R-1』出場が「唯一の希望」だったという三浦マイルドは「今回福祉が打ち切られた」、岡野陽一も「急はダメですよね…」と意気消沈するなか、2020年12月20日開催の『M-1グランプリ』で大活躍した「おいでやすこが」が登場した。おいでやす小田はこれまでに5回決勝進出するもチャンピオンを勝ち取ることはできず、やはり次回からは『R-1』には出場資格がない。ピン芸人として同じ立場であるはずが、こがけんとの漫才で人気となった姿に、三浦マイルドは「裏切者! 『R-1』戦士違うんか、お前は」と声を荒げた。

おいでやすこががその場でネタを披露すると、MCの霜降り明星は楽しそうに笑っていたが、他のピン芸人たちはまるでお通夜のような表情を崩さない。これに小田が「帰れやお前ら、もう。なんやその感じ!」といつものハイテンションでキレると、三浦は「今まで見てきた漫才のなかで一番不愉快でしたね」と辛らつにコメントし、ルシファー吉岡も「面白いっちゃあ、面白いですけど、そんなに騒ぐほどかね」と手厳しい。

スケジュールの話題になると、おいでやす小田は番組出演が『M-1』を境に激増し、「めちゃくちゃなことになってます。本当に『M-1』ドリーム」だという。実際のスケジュール表が番組内で公開されると、せいやが「うわっ、一気にや」と明らかに番組出演が急増したことに驚き、岡野やルシファーはあまりの激増ぶりに口をぽっかり開けて見入ってしまう。小田は12月は19日までテレビやラジオ出演は3本だったが、『M-1』開催の12月20日後から一気に出演が増えて、2021年1月だけで41本。その他にライブ出演やネット配信番組もあり、「何や何だか分からない」と忙しさにてんてこ舞いしている様子だ。

一方で2013年に『R-1』で優勝した三浦マイルドは、その後1か月ぐらいは忙しかったというが、2020年12月のスケジュール表が公開されると記載されているのはお笑いライブなどが6本。しかも「自分でとってきた仕事ばかり」で事務所からの依頼は1本だけだといい、小田も「かける言葉がないなあ」と呆然としていた。それでも三浦が1月25日にツイッターで公開した吉本興業からの給料明細には14万円以上の額がある。それを三浦は全額寄付したそうだ。また2018年8月には小田と三浦は2人のライブ「おいでやす小田vs三浦マイルド」を開催、小田のインスタグラムには小田が三浦に抱きつく写真が投稿されていて親密さがうかがえる。

3日には、『R-1ぐらんぷりクラシック~集え!歴戦の勇士たち~』開催が発表された。こちらの出場資格は過去の大会の中で準決勝以上に進出したことのある芸歴11年以上の芸人となる。3月6日にCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで開催するが、観客が「MVP(エムブイピン)」を決定、そのMVPには賞金50万円が贈られ、『R-1グランプリ2021』決勝にゲスト出演することも検討中だという。

『R-1ぐらんぷりクラシック』は残念ながら地上波での放送予定はないそうで、賞金も『R-1』よりは少ないが、それでも本家の『R-1』に出場できなくなり落ち込むピン芸人には朗報ではないだろうか。

画像2~6枚目は『霜降りバラエティ(テレ朝公式) 2021年2月2日付Instagram「今日深夜0:15~」』『おいでやす小田(狛江住み) 2021年1月28日付Instagram「きたー!!!」、2018年8月11日付Instagram「ロフトプラスワンで「おいでやす小田vs三浦マイルド」でした!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ