バイデン大統領夫人、コロナ禍で働く母達にエール送る「楽しいママでなくたっていい」

ジョー・バイデン大統領の妻ジル夫人が、このほど育児雑誌のインタビューに登場した。長年家庭と仕事の両立を続けてきた夫人は、自身の経験を振り返りながら「母親も自分だけの時間を持つことが大切」「完璧でなくてもいい」とワーキングママ達にエールを送っている。

第46代ジョー・バイデン大統領の妻ジル夫人(69)は2009年~2017年の8年間、オバマ政権下で副大統領を務めた夫をセカンドレディとしてサポートする傍ら、自身のキャリアもキープし「ノーザン・バージニア・コミュニティ・カレッジ」にて教鞭をとっていた。教職を自身の“パッション”・“生きがい”と呼ぶ夫人は、ファーストレディになってからもその思いは変わらず、現在もキャリアを続行している。ホワイトハウス外でフルタイムのキャリアを持つ最初の“ファーストレディ”となった夫人は先日、Zoomを通じてホワイトハウスから授業を行ったばかりだ。

妊娠中そして子育ての真っ只中というタイミングで2つの学位を取得し、キャリアアップを図ってきたジル夫人は、教育者という自身の職業に誇りを持ち、家庭と仕事の両立を実現させてきた。「結婚したらキャリアは諦めるべき」「妻は夫のサポート役」―そんな古い慣習を覆し、“ファーストレディ”となってからも仕事を続ける夫人の姿は、世界中のワーキングママ達から幅広く支持されている。

そんなジル夫人がこのほどアメリカの人気育児雑誌『Parents』3月号に登場し、コロナ禍で家庭と仕事の両立に奔走する世のワーキングママ達にエールを送っている。

「私の受け持つ生徒さんの中には母親も多いんです。彼女達は皆それぞれ仕事を持っていて、中には2つ以上掛け持ちしている生徒さんもいますし、子供や家族の世話をしながら学校の課題をこなしています。皆さん、本当に多くの負担の中で日々をこなしているのです。」

勤務先「ノーザン・バージニア・コミュニティ・カレッジ」でリアルなワーキングママ達の奮闘を日々目の当たりにしているジル夫人は、生徒達にこんなアドバイスを送っているそうだ。

「自分のためだけの時間を作るべきです。それは本当に必要なことです。母親はつい『これでいいのか?』と自問自答を繰り返してしまいがちで、少なくとも私はそうでした。でも頭の中で響いているそういった声を静める時間も必要なんです。」

パンデミックの影響によりいつも以上に多くの役割を果たさなければならず、より大きな負担がのしかかりがちなママ達に向けて、ジル夫人はこう続ける。

「夕食がマカロニ&チーズばかりの時もあったかもしれません。普段より怒りやすくなっているかもしれません。疲れが溜まりすぎて“楽しいママ”でいられないかもしれません。それでもいいのです。」

「あなたは“落第”しているわけではありません。あなたは苦境に屈しない強い人です。私達の記憶の限り最も辛く困難なこの時期、あなたは自分の責任を果たすべく、家族のためにベストを尽くそうとしているのですから。この状況を乗り越えるために力を合わせ、共にできる限りのことをしていきましょう。」

ジル夫人がメディアに登場する際は、“ホワイトハウスの外に仕事を持つ最初のファーストレディ”(the first first lady with a job outside the White House)、“博士号を持つ最初のファーストレディ”(first first lady with a doctorate)、 “史上初のプロフェッサー・フロータス (米大統領夫人の略称)”(the first Professor FLOTUS in history)など、“ファースト”という言葉で形容されることが多いが、前例のない肩書きを背負った彼女が切り開いていく道、そしてそんなパートナーを支えるジョー・バイデン大統領との新しい二人三脚のカタチには、今後世界が大きく注目していくことだろう。

画像は『Dr. Jill Biden 2020年8月16日付Instagram「Let’s go Flyers」』『Parents 2021年2月4日付Instagram「First Lady Jill Biden (@FLOTUS) knows the challenges of working motherhood well.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ