貧しい生活を送る男性“不思議な夢”で超希少な天然真珠を発見 3千万円以上で買い取りオファーも(タイ)

タイで貧しい生活を送っていた男性が、漁に出た際に浜辺できれいな貝殻を見つけて家に持ち帰った。洗うためにその貝を開けてみると、中からオレンジ色の真珠が出てきたという。この真珠はかなり貴重なもので、現在3,500万円ほどで買い取りたいという希望者が現れている。しかも発見者の男性は「数日前に夢でお告げがあった」と語ったそうだ。『Metro』などが伝えた。

タイ南部ナコンシータマラート県に住むハッチャイ・ナヤムディカさん(Hatchai Niyomdecha、37)と弟のウォラチャットさん(Worachat、35)は先月27日、いつものように海で牡蠣を引き上げていると、浜辺に打ち上げられたブイ見つけた。そこには3つの牡蠣が付いており、2人は家の飾りとして使おうと持ち帰ることにした。

家に帰ると父親のバンマッドさん(Bangmad、60)に3つの牡蠣を手渡し、きれいに洗うように頼んだという。そしてバンマッドさんが中を洗うために貝を開けると、重さ7.68グラム、幅は10セントコインよりやや大きいオレンジ色の真珠が出てきたのだ。

しかしこれが何なのか見当もつかなかったハッチャイさんらは、噂を聞いてやってきた近所の人に見せて尋ねてみた。するとそのオレンジ色の真珠は「メロパール(Melo Pearl)」という大変貴重なものと知った。

メロパールはハルカゼヤシガイ、英語では「メロメロ(Melo Melo)」と呼ばれる大型の巻貝から産出される真珠だ。タイやミャンマー、ベトナム、カンボジアなどに生息するハルカゼヤシガイはオレンジ色に近い外殻を持つ。

他の貝に比べて真珠の産出量がとても少なく、養殖によって真珠を作り出すことも難しいという。天然ものでしか存在しないため、コレクターにとっては垂涎の代物だ。しかしメロパールを生み出すハルカゼヤシガイは巻貝だが、今回はなぜか牡蠣から発見されており、この謎は明らかになっていない。

この発見から数日後、別の地域に住む裕福なビジネスマンが100万バーツ(約350万円)で買い取らせてほしいとハッチャイさんのもとにやって来たが、一家はこれを断ったという。

続いて高級品コレクターが来て500万バーツ(約1,750万円)での買い取りを提示したが、一家は「もっと価値があるはず」と思い、これにも承諾しなかった。

そして中国からやって来た男性が、1千万バーツ(約3,500万円)で買い取るとオファーした。この金額は一家が期待していた金額だったという。しかしこの男性は、一度自分の目で見て真珠が本物かどうかを確認したいと言い、近日中にタイに向かうと報じられている。2週間の隔離期間を過ごした後、ハッチャイさん一家のもとでメロパールを確認するようだ。

ちなみに今回の発見の数日前、ハッチャイさんは不思議な夢を見たと打ち明けた。

「長くて白い髭の老人が浜辺へ行きなさいと私に告げました。そうすれば贈り物を受け取れると言っていたんです。恐らくあの老人は神様で、この真珠のもとへ私を導き、貧しい生活から助けてくれようとしたのだと思います。」

「私はこの真珠を、一番高い値で売りたいと思います。お金で生活が変わることはありませんが、私の運命は変わります。家族は今より良い生活を送ることになるでしょう。」

画像は『Metro 2021年2月4日付「Poor fisherman finds rare pearl worth £250,000 while picking up shells」(Picture: ViralPress)』『New York Post 2021年2月4日付「Thai fisherman finds rare orange pearl worth $330K」(ViralPress)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ