ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが惹かれあうふたりに フランシス・リー監督の映画『アンモナイトの目覚め』公開が決定

SPICE


映画『AMMONITE(原題)』が『アンモナイトの目覚め』の邦題で4月9日(金)から全国順次公開されることが決定した。

『アンモナイトの目覚め』は、『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットと、26 歳にしてアカデミー賞4度のノミネートを誇るシアーシャ・ローナンが初共演した映画。2020年、開催を見送られた第73回カンヌ国際映画祭のほか、第 45 回トロント国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出されている作品だ。劇中では、ウィンスレットが世に忘れられた古生物学者メアリー、ローナンが裕福な化石収集家の妻・シャーロットを演じ、真逆でありながら、ともに孤独を抱え、惹かれあう女性の物語が描かれる。メガホンをとったのは、『ゴッズ・オウン・カントリー』で長編デビューを果たしたフランシス・リー監督。プロデューサーには、『英国王のスピーチ』『SHAME -シェイム-』『LION/ライオン ~25 年目のただいま~』のイアン・カニング氏が名を連ねている。


解禁された予告編では、大英博物館に自身が掘り出した化石が飾られながらも日が当たらない生活をおくるメアリーと、体が弱く夫に邪険にされるシャーロットの出会い、化石を通じて惹かれ合い、変わっていく姿が切り取られている。

映画『アンモナイトの目覚め』は4月9日(金)TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ