人形劇「サンダーボルトファンタジー」TVシリーズ3期が放送決定!CVに大塚明夫&花江夏樹


ニトロプラス・虚淵玄の完全新作「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」。ロゴは書家・岡西佑奈が執筆。

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」などの話題作を手掛けてきたニトロプラス・虚淵玄による人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキスリー)」が4月3日から放送&配信開始されます。「TOKYO MX」で毎週土曜22時30分から、「BS日テレ」で毎週土曜24時から放送開始。4月3日23時からバンダイチャンネルほかでも配信開始です。

また、第3期に初登場となる新キャラクターの声優として大塚明夫、花江夏樹の出演も発表されました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

本作は「Thunderbolt Fantasy Project」の作品のひとつ。台湾では知らない人はいないと言われるほど有名な人形劇「布袋劇(ほていげき)」の映像にほれ込んだニトロプラスの虚淵玄が原案・脚本・総監修を担当。

台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社、霹靂國際多媒體股フン有限公司(略称:霹靂社)との奇跡のコラボレーションによる、完全新作の日台合同映像企画の人形劇です。これまでにTVシリーズ2作と劇場上映作品が2作公開されています。TVシリーズ第2期では物語に登場する「浪巫謠(ロウフヨウ)」のモデル&声優をT.M.Revolution(西川貴教)が務めたことでも話題になりました。

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3」は4月3日から放送&配信開始。

本作はTVシリーズ「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2」に続く物語。魔脊山の谷間に転落した婁震戒(ロウシンカイ)と七殺天凌(ナナサツテンリョウ)の行方を探す一行に新たな魔の手が忍び寄る……というストーリーになっているそうです。ロゴは第2期と同様に書家・岡西佑奈が執筆されました。

新キャラクター「萬軍破(バングンハ)」は百足の紋章を持つ神蝗盟の戦士。キャラクターデザインを源覚が、CVをブラック・ジャックなど数々の人気キャラクターの声を務める大塚明夫が担当しています。

萬軍破(バングンハ)はキャラクターデザインを源覚が、CVを大塚明夫が担当。

「異飄渺(イヒョウビョウ)」は蟷螂の紋章を持つ神蝗盟の法師。キャラクターデザインを猫缶まっしぐら(ニトロプラス)が、CVを「鬼滅の刃」竈門炭治郎役の好演でも話題の花江夏樹が担当します。

異飄渺(イヒョウビョウ)はキャラクターデザインを猫缶まっしぐら(ニトロプラス)が、CVを花江夏樹が担当。

「照君臨(ショウクンリン)」は200年ほど前に西幽で皇室に取り入り悪事の限りを尽くした妖魔。この謎多き美女のキャラクターデザインはなまにくATK(ニトロプラス)が担当しています。

謎多き美女として登場する照君臨(ショウクンリン)のキャラクターデザインはなまにくATK(ニトロプラス)が担当。

※霹靂國際多媒體股フン有限公司の「フン」は、「ニンベン」に「分」と記載する漢字が正式表記です。

(C)2016 Thunderbolt Fantasy Project
情報提供:ニトロプラス

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ