悠木碧【コメント到着】『YUKI×AOIキメラプロジェクト』より曜日キメリオが歌うMV公開

SPICE


声優・悠木碧が原案をつとめる言葉の擬"獣"化をテーマとした『YUKI×AOIキメラプロジェクト』のMVが公開された。作詞を担当した悠木のコメントも到着。

MV「リリシニウム・ビブリオラ」


「リリシニウム・ビブリオラ」を歌うのは、曜日キメリオ(Sunday:CV.悠木碧/Monday:CV.鬼頭明里/Tuesday:CV.寿美菜子/Wednesday:CV.雨宮天/Thursday:CV.田村睦心/Friday:CV.早見沙織/Saturday:CV.佐倉綾音)たち。

作詞を悠木みずから手掛け、作編曲を悠木の「ビジュメニア」や「アールデコラージュラミラージュ」などを手掛けたbermei.inazawaが担当。映像は、YOASOBIの『ハルジオン』などのMV制作を手掛けた異次元TOKYOが制作している。smash.では縦型versionのミュージックビデオ&悠木の動画インタビューが公開されている。

【コメント】悠木碧



色んな願いを込めて作った1曲に仕上がったので、映像にも色んな仕掛けをしてもらいました。まず篠田監督には、各キャラクターの性格や、生活様式、キメリオという生き物がどんな生態なのか、人間をどう思っているのか...などなど、キメラプロジェクトの根幹になる部分を説明させていただきました。そこから異次元TOKYOの皆さんにも膨らませていただき、結果、キャラソンにつくMVの定義をぶち壊す、とてもオシャレなMVをご提案いただきました。

かわいくて不気味だけど目を離せない世界の中に、歌詞では盛り込みきれなかった設定が様々な形で表現されていて、とても嬉しかったです。もし夜眠った時このMVを夢として見たら、これは悪夢と呼ぶんだろうか、それとも瑞夢なんだろうか...。1度では分からない細かい題材が沢山隠されているので、何度も繰り返しみていただけると嬉しいです。

【コメント】篠田利隆(異次元TOKYO)


まずは悠木さんが考えられたこの素晴らしいプロジェクトに参加出来、嬉しいです。悠木さんが作られたキャラクターのデザイン、世界観が非常に素敵かつ面白かったので、楽しくコンテをきったり展開を考える事が出来ました。特に言葉を食べるキャラクターという発想が面白く、とても今の時代っぽいと言いますか、言葉について考える事が多かったので、そこを表現しました。可愛いキャラクター達ですが、中に潜むモノは可愛いだけでない、色々な深淵を感じて貰えると嬉しいです。一緒に演出してくれた大橋くん、キクチさん、キャラデザの福地さんなど多くのスタッフのおかげで完成できました。
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト
(C)2020キメラプロジェクト

2月7日にラジオ生配信が決定


2月7日(日)18時より、YouTube「キメラプロジェクト」チャンネルにて、ラジオ生配信の実施が決定。MVや今後の展望について、Twitterと連携してファンと一緒につくるラジオ生配信となる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ