唇を重ねる2人 ケイト・ウィンスレット×アーシャ・ローナンが描く新たな愛の物語、公開決定&予告解禁

 女優のケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演する映画『AMMONITE(原題)』が、邦題を『アンモナイトの目覚め』として4月9日より公開されることが決定。予告編とポスターが解禁された。

本作は、女性の生きやすい世の中を創り出そうとする時流に乗って、歴史に埋もれながらも自分を貫いた実在の古生物学者メアリー・アニングにスポットを当て紡いだ愛の物語。2020年に開催を見送られた第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれたほか、第45回トロント国際映画祭で観客に熱狂的に迎えられた。

オスカー女優のケイトが主人公の古生物学者メアリー役を、26歳にしてアカデミー賞に4度のノミネートを誇るシアーシャが裕福な化石収集家の妻シャーロット役を務め、真逆でありながらともに孤独を抱える女性を熱演する。監督は、長編デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』でその繊細な手腕を高く評価されたフランシス・リー。本作は彼の長編2作目だが、ケイトとシアーシャのキャスティングはリー監督の第1希望だったという。プロデューサーは『英国王のスピーチ』『SHAME ‐シェイム‐』『LION/ライオン ~25 年目のただいま~』のイアン・カニング。

1840年代、イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジス。古生物学者メアリー・アニング(ケイト)は、人間嫌いで、世間とのつながりを絶って暮らしていた。かつて彼女の発掘した化石は大発見として一世を風靡し、大英博物館に展示されるに至ったが、女性であるメアリーの名はすぐに世の中から忘れ去られ、今は土産物用のアンモナイトを発掘しては細々と生計をたてていた。そんな彼女は、ひょんなことから裕福な化石収集家の妻シャーロット(シアーシャ)を数週間預かることに。美しく可憐、何もかもが正反対のシャーロットに苛立ち、冷たく突き放すメアリーだが、次第に自分とはあまりにかけ離れた彼女に惹かれていき…。

予告編は、メアリーが泥まみれになりながら化石の発掘に奮闘する場面からスタート。続いて、大英博物館に自身が掘り出した化石が飾られながらも日が当たらない生活をおくるメアリーと、体が弱く夫に邪険にされるシャーロットが出会い、正反対な2人が化石を通じて惹かれ合っていく姿が叙情的な音楽にのせて映し出される。やがて、唇を重ねるメアリーとシャーロット。終盤では激しく求め合い、葛藤する二人の姿に「私を、見つけ出す」というキーフレーズと、「『道ならぬ』愛が、土臭く抒情的でひりつく感情へ昇華されていく」という本作へのローリング・ストーン紙のコメントが重なって幕を閉じる。

ポスターは、それぞれ異なる境遇で孤独を抱えて生きてきたメアリーとシャーロットの姿を描いたもの。中央には「見つけて、泥の中の私を。」という、2人の切実な想いを感じさせるキャッチコピーが添えられている。

映画『アンモナイトの目覚め』は4月9日より全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ