たまには「役割」から逃げ出そう 自分を取り戻す3つのアクション

fumumu

疲れる女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「しっかり者の自分」「人にやさしい自分」「テキパキ行動する自分」 周りから求められた自分に囚われて、本来の自分を見失っていませんか?

周りの期待に答えることはすばらしいですが、たまには自分の本音を聞いてあげることも大切です。

周りが決めた役割から抜け出す方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)スマホをオフで…


「人間関係に疲れてしまったときは、スマホをオフにして、しばらくひとりで過ごす時間を作っています。

誰とも会わなくても、電話がかかってくると出なきゃ! と焦ってしまうし、メッセージが来るとはやく返さなきゃ…と急かされている気持ちになるんです。人に合わせて対応しようとする自分のことは、別に嫌いではないんですけど…。

たまに疲れてしまうので、自分のことだけを考える時間を確保したいんです。したいこと、したくないことを自分優先で決めていると、だんだんまた人と関わりたくなるんですよね」(20代・女性)

関連記事:「褒めてほしい」がとまらない! 承認欲求と上手に付き合う3つの方法

(2)複数のコミュニティ


「自分が属するコミュニティを、複数持っておくのがおすすめです。ひとつのコミュニティに依存してしまうと、そこにずっと居続けられるように、周りに受け入れられる自分を必死に探してしまうから。

すべてのコミュニティで自然体に過ごすことが難しくても、『ここではいつもより意見を言える』『ここでは素直に甘えられる』とそれぞれの場所でなにかしら自分を出せたら、気持ちが楽になりそうですよね」(20代・女性)

(3)たまには愚痴を


「周りから求められる自分がわかっていて、かつ自分で選んでその通りに振舞っているとしても、疲れるものは疲れるじゃないですか。

職場で『仕事ができる人』だと思われたら、できるだけそのイメージを崩さないようにがんばりたいし。でも、ずっと完璧ではいられないから。私は、疲れたときは役割を求められていない場所でとことん愚痴ります!

情けないことを言っても許してもらえる人たちの前で、バーッと気持ちを吐き出せたら、またスイッチをオンにして自分に与えられた役割に戻れるんです」(20代・女性)

人が集まると、どうしてもそれぞれの役割が自然と生まれてしまうのかもしれません。

周りに合わせられるのもすてきなことですが、ときには自分と向き合って、本当はどうしたいのかを考えることも必要ではないでしょうか。

・合わせて読みたい→人に流されるのをやめたい! 自分らしく生きるにはどうしたらいい?

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ