『君と世界が終わる日に』竹内涼真&笠松将 弓道着姿に反響、“裏切り”の過去にも要注目

dwango.jp news


竹内涼真が主演の日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜22時30分~)の第3話「ショッピングモール編」が1月31日に放送された。第3話では、懸命に生き抜こうとする響(竹内涼真)たち放浪グループがまさかの裏切りに合い、放送終了後には「まさかまさか!」「まんまと騙された!」ともちきりとなっていた。

また、物語の主要人物である響と等々力(笠松将)の間にも、“裏切り”の過去を匂わせる描写が随所に散りばめられており、2人の過去に一体なにがあったかにも注目が集まっている。(以下第3話ネタバレあり)



第3話冒頭、救助を求めにいった自衛隊駐屯地で本郷(大谷亮平)が撃たれて死亡してしまう。先に発砲してきたのは自衛隊にもかかわらず、自衛隊内では響(竹内涼真)たち放浪者グループから射撃したことにされてしまい、味方だと思われた自衛隊が響たちを裏切る事態が起きてしまう。

そして、第3話特に印象的だったのが、仲間に加わったかと思われた美亜(芳根京子)が、響たちを襲う刀集団の一味だったことが発覚。放浪グループのメンバーで、幼い少女の結月(横溝菜帆) を人質にとり、凄む姿は響だけでなく視聴者にとっても衝撃を与えた。

自衛隊、美亜(芳根)、まさに“裏切りの連続”となった第3話。“信頼”と“裏切り”という人間関係のテーマとメッセージが伝わってくるようなストーリー展開となっていたが、ここで非常に気になるのは、放浪グループの主要メンバーである響と等々力の確執と、そのきっかけとなったであろう、響が等々力のことを裏切った過去があるかのようなセリフや描写がストーリー内で随所に散りばめられている点である。

そもそも響(竹内)と等々力(笠松)は物事の考え方が正反対。どんな状況でもポジティブで絶対に諦めず、ロマンチストな響だが、等々力は目的のためには冷酷な判断も辞さない現実主義者。そんな性格の違いもあり、これまでグループ内で大きな決断をしなければいけないときに、2人はいつも意見が割れていた。

第3話でも、響と等々力はグループ内の行動方針を巡り、対立してしまう。響たちがショッピングモールで休憩していると、突如日本刀を持った集団に襲われてしまい、佳奈恵(飯豊まりえ)が人質に取られてしまう。“刀集団”は人質と引き換えに、響たちが持っている武器を引き渡すよう要求してくるが、その対応をめぐり響と等々力は対立。

等々力は「佳奈恵を諦めて他の仲間だけでも助かる道を選んだほうがいい」と主張し、響は「佳奈恵も助けるし拳銃も渡さない」と2人の意見は正反対のものに。最悪の状況下でどちらの主張も間違いではないのだが、第2話でもソンビに噛まれた宇和島(笹野高史)への対応を巡って対立したこともあり、2人の性格や考え方が正反対であることが伝わってくる。

しかし、そんな2人から漂う険悪ムードは、単なる性格の違い…というだけではなさそうなのが、これまでの響・等々力が発したセリフの随所からみえてくる。

昨日の第3話でも、ひとときの休息の間に響(竹内)は等々力(笠松)に「友達に戻ってくれとは言わないけど、今はそんなことやってる状況じゃないだろ」と、等々力に話しかける。しかし、等々力は「今がそういう状況とかは関係ない。お前とだけは二度と会いたくなかった」と露骨に嫌悪感を露わにしていた。

その他にも、第1話で、等々力(笠松)は、本郷(大谷)に「(響を)簡単に信用していいんですか。簡単に人を裏切るようなやつですよ」と話している場面もあり、相当なことが2人の過去にあったことが推測される。

そんな2人だが、第3話のエピローグでは、高校時代の響と等々力が同じ弓道部で仲良く練習する姿が。響は等々力に軽口をたたき、等々力は響のその軽口に対し、「うっせ!」と笑いかける、現在の険悪なムードからは想像もできないくらいの和やかな様子で談笑している2人がいた。そんな二人の元に、来美(中条あやみ)が訪れ、響とじゃれ合いを始める。

最初は響と来美の様子を微笑みながら見つめていた等々力だったが、スッと真顔になり考え事をしているような表情になる、という高校時代の回想シーンで第3話は幕を閉じた。

この3人の高校時代の1シーンに、視聴者からは「3人とも弓道着が似合う!」「弓を引く姿がきれい」「シリアスなシーンのあとだったから、癒された」と反響殺到。穏やかで平和な高校生活が描かれたシーンにほっこりしたのもつかの間、第3話放送後、公開された予告映像でも等々力は「あいつは人を裏切りますよ」と響を指して発言しているようなシーンも盛り込まれており、一体二人の過去に何があったのか、ゴーレム大量発生の謎ももちろん気になるところだが、響と等々力の過去についても今後注目したい。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ