児童ポルノ告発がおかしい? カンニング竹山“ユーチューバー”批判で大炎上

まいじつ

カンニング竹山
(C)まいじつ

女優・今泉佑唯とのできちゃった結婚を発表した直後、15歳少女へのわいせつ画像強要が発覚し、世間を賑わせているユーチューバー・ワタナベマホト。この騒動に関し、告発者を批判したカンニング竹山に、疑問の声が噴出している。

ワタナベは少女が自身のファンであることを利用し、30枚で電話、50枚で直接会うなどの条件をつけ、裸や開脚といったわいせつな自撮り画像を大量に送るよう要求。さらには、学生証と裸を写した画像を送らせ、暴露された際には報復として流出させる〝人質〟にしていた。

判断能力が未熟な少女の心理に漬け込み、脅してわいせつ画像を送らせるという悪質極まりないこの行為。法的にも、児童ポルノ禁止法や強制わいせつに抵触するもので、現在、ワタナベは警察からの聴取にも応じていることが公表されている。

この件が発覚したのは、少女側の告発によるもの。少女は警察に駆け込むと親にも報告が行くことを恐れ、コレコレというユーチューバーに相談。彼の生配信に音声で登場し、その場でワタナベにも電話を掛けた。

少女の心理を汲まずコレコレに異議


コレコレは各メディアの取材にも応じ、複数のワイドナショー番組で一連の流れを証言。1月28日には『バイキングMORE』(フジテレビ系)でも放送されたが、竹山はこれに異議を唱えた。

竹山は「悪いのはこのワタナベって男」としながらも、「コレコレさんって人。この人も大人としての筋だったら、生配信とかしないで、警察に言って親御さんに言ってって(誘導してあげないと)」とコレコレ側の対応を疑問視。さらには、「この人もおかしいんではなかろうかというのも、ちゃんと(メディアが)言わないと」と、粛々と事件化するのではなく、オープンな場で告発したことを批判したのだ。これに対し、ネット上では

《コレコレがいなかったら闇に葬られてた事件なんだが 批判してる奴らはそこをよく考えてみろ》
《被害者のJKが配信者とリスナーのおかげで、告発する勇気出たありがとうと言ってるのに、こいつはどの立場で批判してんの?》
《コレコレは結構しつこく女の子に警察行けって説得しとったよな 知らんくせに何言っとんねん竹山》
《配信になったのはマホトと直接話し合いの場設けられるかもってのがでかかったやろ 結果的にただの暴露になっただけで》
《コレコレってワイドショーのYouTube版やろ》

などと批判が殺到している。

「結果的には警察沙汰になりましたが、被害者は親に知られることをとにかく恐れ、専門機関ではなくユーチューバーや知人に相談するしかなかった。コレコレも警察を勧めましたが、ここが揺るがなかったために、やむを得ず配信で証言したのです。現実にも、手口を根掘り葉掘り話すのが苦痛で、性犯罪被害を警察に言いづらい人はたくさんいるでしょう。竹山の言っていることは、そうしたものすらも否定しかねないセカンドレイプに近い論理です」(週刊誌記者)

同番組での発言がしょっちゅう物議をかもしている竹山。今後も批判を呼ぶ発言はどんどん続きそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ