ベッドインが憂鬱になることも… 痛みを感じた3つの理由

fumumu

カップル(gmast3r/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
エッチの最中などに子宮が痛むようなことがあると、今後が憂鬱になるかもしれません。どうして痛みを感じてしまうのでしょう。fumumu取材班は理由を聞いてみました。

(1)体位によっては当たる感じ


子宮を突かれているようで痛いという女性は結構多いようです。

「私は対面座位で動くと子宮を突かれてる感じがして痛くなるんですが、私の友達はアレが長い人にバックで突かれると痛いと言っていました。子宮の向きによるなども、あるのかもしれませんね。

小さかったり短かったりしても気持ちよくないですけれど、大きすぎたり長すぎたりな人ともあまりしたくないですね。そういう人との時は、できるだけ奥に届かないような体位を探すようにしています」(30代・女性)

関連記事:人気カップルYouTuber、子宮内膜症の治療を語る 注射の副作用で関係悪化も

(2)相手のモノが大きすぎるのかも?


大き過ぎると痛いことも…。

「あまりに相手のモノが大き過ぎると、子宮の奥に当たり過ぎて痛いことがあります。

そんな時は素直に痛いと伝えましょう。もっと慣らすとか、入れないエッチをするとか…カップルに合ったやり方を話し合ったほうがいいと思います。

でも毎回子宮が痛む場合は要注意。子宮の病気の場合でも性交痛が起こることがあるようなので、長期間続く場合は一度産婦人科の受診を検討してみたほうがいいですよ」(30代・女性)

(3)排卵と被った


もうすぐ排卵というときに痛くなるのは、排卵痛かもしれません。

「毎月子宮が痛くなる日があるのですが、どうやら排卵痛のよう。私の場合はチクチクした痛みから始まって次第にじんじんしていくタイプなので結構辛いですね。

子供が出来やすい日ということもあって性欲は強くなりますが、あまりの痛さにうずくまってしまうことも。妊活したい時以外は、できるだけ『そろそろかな』とタイミングを見て避けるようにしています」(30代・女性)

痛いと思った時は、時期を確認するとともに原因を特定したいですね。エッチが嫌いにならないよう、早期に対策を取りたいところです。

・合わせて読みたい→生理用品「月経カップ」番組で取り上げ反響 認知度低く批判的な声も

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ