おぎやはぎ小木「もう悪口言いたくない」 人生観の変化を告白

fumumu


小木博明

29日放送の『中居正広の「金スマ」』に、芸能プロダクション「人力舎」の芸人たちが大集結!

お笑いコンビ・おぎやはぎ の小木博明さんは、癌を告知された時の思いや、病気を通して変化した人生観など、本音を語りました。

■腎細胞がんを経験した小木さん


昨年腎細胞がんを患い、手術を受けて見事克服した小木さん。元々は持病である偏頭痛の治療のための入院だったといいます。

治療の効果があり、偏頭痛は4~5日程で治ったそう。時間を持て余した小木さんは「他も検査してほしい」と医師に懇願したそう。

しかし検査の予約は空きが無い状態。諦めようとした時「エコー検査ならなんとか…」と言われ、エコー検査を受けることに成功しました。

関連記事:おぎやはぎ矢作、クロちゃんのランキング入りに疑問 「何なの? マジで」

■雲行きが怪しくなり…


気持ちを楽にして受けた小木さんでしたが、徐々に雲行きが怪しく…。「エコー検査したら、同じ所を凄く調べてくる。凄く長く調べるんですよ」と当時を振り返りました。

不安の中病室に戻ると、担当医師とは違う医師が部屋に入ってきて「明日MRI検査やりましょう」と説明を受けたそうです。

■自分の「死」が身近に


検査を受けた結果「影のようなモノが見えている」と診断された小木さん。その後のCTスキャンを経て覚悟はできていたものの、医師から「がんです」と告知された時、衝撃のあまりに「自分の死」を身近に感じてしまったようです。

小木さんは「がんだって言われた瞬間に『逆に良かったな』って思った」と発言。今までは毎日を漠然と過ごしていただけだったそうですが「大事に生きていこう」と決意したことを明かしました。

■小木さんの変化に矢作さんは


相方の矢作兼さんは「小木は優しくなった」と小木さんの変化を告白。これに対し小木さんは「病気を通して人間が変わった。人に対して優しくなれて、悪口言うのはやめようって思った」と熱弁しました。

しかし、これには矢作さんが反論。「『人の悪口言いたくない』って言ってたけど、その日のラジオの収録でタレントの悪口言ってたけど…」と暴露ました。

これからも元気な小木さんの姿が見れることを期待しています。

・合わせて読みたい→おぎやはぎ矢作、相方・小木の3週間休養を報告 「お顔のメンテナンス」

(文/fumumu編集部・福井原さとみ)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ