『きみセカ』華麗なテコンドー姿に注目集まる、キム・ジェヒョンの韓国語講座配信

dwango.jp news


竹内涼真が主演の日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』 で、韓国人青年のミンジュンを演じるキム・ジェヒョンと一緒に「きみセカ」のセリフで韓国語を学べるコンテンツ「ジェヒョンのきみセカで覚える韓国語講座!」が日テレ公式Youtubeで配信されている。



同ドラマは地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品。第二話では宇和島(笹野高史)の犠牲を乗り越え、ワクチンを求めて駐屯地にたどり着いた響(竹内涼真)。同じく駐屯地で保護されていた来美(中条あやみ)と再会するかと思われたが、突然、響き渡る鋭い銃声。同じく生き残りであるはずの自衛隊の銃弾に倒れ絶命したのは……なんと本郷(大谷亮平)だった。懸命に生き抜こうとする響たち放浪グループの前に立ちはだかる陰謀の影。まさに衝撃に次ぐ衝撃の展開となった。

竹内演じる響と行動をともにする「放浪グループ」の一人、韓国人青年のミンジュンを演じるキム・ジェヒョン。初の日本のドラマへの出演でありながら、華麗な足技を駆使したテコンドーで“生ける屍”ゴーレムに立ち向かうアクションを披露し、抜群の存在感を発揮。SNSでは「いきなりテコンドーの技でやっつけたの最高」「引っ越し屋の青年が気になる」「優しいし強いし推しになりそう」「リュックを前に掛けてるのがかわいい」と注目度が急上昇中。今後の動向から目が離せない要注目キャラクターとなった。

そして、ジェヒョンと一緒に「きみセカ」のセリフで韓国語を学べるコンテンツ「ジェヒョンのきみセカで覚える韓国語講座!」が、日テレ公式Youtubeで好評配信中。響のセリフをネイティブな韓国語で演じて見せるレアな姿や、視聴者に向けて「先生は本当に嬉しいです!」と笑顔で進行する姿など寡黙な役どころとのギャップが満載だ。ドラマの今後の活躍とともにこちらもぜひチェックしていただきたい。

「ジェヒョンのきみセカで覚える韓国語講座!」は毎週土曜日更新予定。

(C)日本テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ