東野幸治、キンコン西野と吉本興業の確執にダイノジ大谷への影響を心配「西野まで辞めたら…」

キングコングの西野亮廣が原作・脚本から製作総指揮まで手掛けた映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションを巡って、吉本興業に「今の形を改めないと辞めます」と意見して話し合いを進めているという。そんななか東野幸治がSNSで、もし西野が退社したらダイノジの大谷ノブ彦に影響を及ぼすのではないかと懸念しているが、いったいどういう繋がりなのだろうか。

プロデューサーで評論家の自称“オタキング”こと岡田斗司夫氏がYouTubeチャンネルで映画『えんとつ町のプペル』を論評したところ、その内容に対して西野亮廣がSNSで反論した。その西野が1月29日にTwitterで「思っていることは全部喋りました」とツイートしたのは、岡田氏に言いたいことは十分に伝えたということだろう。さらに西野がその件を委ねるかのように「あとは、東野さんと吉田豪さんとゴッドタン先輩に処刑してもらう。肛門は差し出します」とつぶやき、2018年11月3日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)で因縁のある劇団ひとりにお尻を嗅がれた時の一コマを投稿した。

そんな西野の投稿を「西野ウオッチャー」を自称する東野幸治がリツイートして、「岡田さんと揉めてるの? それはそれとして吉本辞めるの?」と問いかけ「西野まで辞めたらダイノジ大谷さんも辞めるやん!」と心配したのである。

実は遡って2017年9月29日、キンコン西野がMCを務めるAbemaTV『エゴサーチTV』にプロインタビュアーの吉田豪氏がゲスト出演した際、「炎上しそうなめぼしい人」は誰かという話題で「ダイノジ大谷さん」と「岡田斗司夫さん」の名前も挙がっており当時から意識していたことがうかがわれる。しかも西野はそれ以前からダイノジ大谷が気になっていたようだ。2016年8月3日にブログで、吉本の「嫌われ御三家」とされる品川祐・村本大輔・西野亮廣ですら嫌われ度が霞んでしまう存在として「嫌われ無双・ダイノジ大谷」の活躍に期待していた。

当のダイノジ・大谷ノブ彦は、2016年8月6日に地元大分で行ったDJダイノジ主催のライブイベント『ジャイアントナイト楽勝博覧会』のゲストにキングコング西野亮廣を迎えている。大谷は後輩の西野に一目置いており、2020年12月にはYouTube「ダイノジ中学校【バラエティチャンネル】」にアップした動画で映画『えんとつ町のプペル』を紹介するなか、「私は西野君の応援団で、昔から面白い人だなと思っていた。お笑い芸人として異端なことタブーなことをやり続け、楽屋で絵本を描いている時は頭の固い先輩からバカにされていたものだ。それを見ながら『なんて面白い奴だ きっとこいつが言っている世界が来るんだろうな』と思った」、「自分もDJをやった時に叩かれたから、心の拠り所だよね」と話していた。また2021年1月6日には都内の会場から『ダイノジ大谷1人 トークライブ 新しい芸人論~西野亮廣について語る~』を配信。29日にはYouTubeでダイノジによる『プペル寄席』を配信して西野へのリスペクトをうかがわせた。

ダイノジ大谷は一方で、2018年6月6日に都内で行われた『TALK LIVE ダイノジ大谷×オリエンタルラジオ中田×延藤ミッツェル五朗「NNN66」』に出演しており、ライブ前にブログで「中田君がスタートした企画。これからの芸人の生き方 やり方の話にもなると思います。中田君の秘めてる思いとは…めちゃくちゃ楽しみです!」と綴っていた。また2019年11月22日には「中田敦彦君のYouTube 本当面白いの」、「何かを教えてる時の中田 ムンムンしてる ドヤ顔も本当カッコいい いい芸人だなぁ」と評していた。その中田敦彦(オリエンタルラジオ)が2020年12月28日に年内をもって吉本興業を退社すると発表したことは記憶に新しい。東野幸治はそれが思い出されてキンコン西野の吉本退社騒動に「西野まで辞めたらダイノジ大谷さんも辞めるやん!」と懸念したわけである。

ちなみに東野は1月24日、YouTube「東野幸治の幻ラジオ」で映画『えんとつ町のプペル』を観に行ったことを話すなか、「西野信者の皆さんが大挙して押し寄せてる、と思うと映画館に入るのにドキドキした」と表現してキンコン西野を暗にいじっていた。その後、29日に東野が「吉本辞めるの?」とツイートしたところ、西野が「幻ラジオに呼んでください!! 東野さんにクレームがあります!!!」とコメントしており、フォロワーによる「東野幸治大好き人間の私からすると西野さんは『東野さんの大好物が服着て歩いてる』状態なのです 東野さん! 西野さんウォッチはやめないでくださいね!」という声から2人の関係性が見えてくる。『東野幸治の幻ラジオ』での共演が実現することを期待したい。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ