有吉弘行に批判噴出! ゆきぽよ&ラブリに同情も「普通に犯罪」「身内擁護」

まいじつ

有吉弘行 
(C)まいじつ 

数々の番組でMCやメインを張り、今やすっかり大御所芸人となった有吉弘行。その的確なコメントは人々の共感を得ることもしょっちゅうだが、先日、珍しく批判を浴びてしまった。

発端となったのは、1月24日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)。有吉は番組内で、芸能ニュースを騒がせているモデル2人の話題に触れた。

モデル2人とは、『GENERATIONS』『EXILE』のメンバー・白濱亜嵐の姉としても知られるモデル・ラブリと、ギャルモデルとしてバラエティーで大人気のゆきぽよ。ラブリは21日発売の週刊誌で、同性の知人に強制わいせつを行なって書類送検されていたと報じられた。また、ゆきぽよも同誌により、詐欺グループの元交際男性がゆきぽよ宅でコカインを使用。そのまま逮捕され、自身も薬物検査を受けていたことが報じられていた。

強制わいせつ・薬物という重大事件な上、共に警察沙汰という危うさに世間は騒然。しかし、有吉はこれをめぐるさまざまな報道に「全然興味ない。しょうもないニュースばっかりじゃない、なんか」とウンザリしたトーンで語っていく。

珍しく世間との認識がズレた有吉弘行


続けて、有吉は「なんかもう叩きたいだけみたいなネットニュースばっかりじゃん。ゆきぽよのやつとかラブリちゃんのやつとかさ」と呆れたようにコメント。「なんかもうどうでもいいわって感じだね、最近特に」と自身の見解を示す気力もなく、「そんなことより歩きたいよね」と話題を転換した。

しかし、ネット上では、

《そりゃあの内容じゃ叩かれるだろ》
《不倫ネタとかに言うならまだしも 犯罪絡みにこれ言うかね》
《わいせつ罪を叩いたらダメなのか? テレビに出る人間がオレオレ詐欺師と付き合うのは良いの?》
《普通に犯罪ですけど》
《性犯罪と薬物疑惑だぞ これは叩きたいだけのニュースでは無いと思うけど…》
《身近な奴だけ擁護するんだな》
《反社との付き合いや強制わいせつがしょーもないだとよ》

など、有吉の姿勢に批判が殺到。確かに大げさな芸能スキャンダルは多かれど、今回は警察沙汰で事件性も高いため、「さすがにこれは2人が叩かれて当然」と指摘されてしまった。

さすがの有吉も、今回は賛同を得られなかったようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ