カンニング竹山がワタナベマホトを告発したYouTuberを批判「この人もおかしいのではないか」

wezzy


 1月27日に放送された『バイキングMORE』(フジテレビ系)での、カンニング竹山の発言がネット上で波紋を呼んでいる。

番組では、15歳の少女にわいせつな画像を送るよう要求し、所属事務所であったUUUMとの契約が解除となったYouTuber・ワタナベマホトについて取り上げた。マホトが少女に送ったトーク内容や、マホトの酷い行動を告発したゴシップ系YouTuber・コレコレの証言を紹介しながら、今回の一件について説明した。

少女は、マホトからのわいせつ画像要求や脅しについて「親は相談できない」と悩んだ末、コレコレに相談したという。それを受け、コレコレが自身のYouTubeチャンネルで生配信にて告発したかたちだ。少女とマホトはInstagramのDMでやりとりしており、証拠となるDMのスクリーンショットも多く提示していた。

騒動の説明が終わると、カンニング竹山は<これだけどうしても気になるのは、“大人としての筋”ですよ。良いか悪いかは別として>と切り出し、コレコレは生放送をせずに少女を警察に連れていくべきだったのではないか、と持論を展開した。

<相談したYouTuberのコレコレさんって人。この人、大人としての筋だったら、生配信とかしないでちゃんと警察に行って親御さんに言ってというのを、ちゃんと……だから、この人も、ちょっとおかしいんではなかろうかというのをちゃんと言わないと。ここは僕ちょっと違うと思います>

対して、おぎやはぎ・矢作は<生でやった方が効果があるとか、色々あったかもしれない>とコレコレの配信での告発に理解を示す。コレコレは配信前から少女に警察に行くようすすめていたものの、少女は親にバレたくない・嫌われたくないという理由から拒否していたそうだ。しかし、生配信中にリスナーから「親はわかってくれる」「親は相談してもらえない方が悲しいと思う」といったコメントが多数送られてきたことで、少女は警察に被害届を出す決意をしたと話していた。

なお、おぎやはぎの二人はコレコレがマホトの件を最初に告発した動画が配信されたすぐ後の生放送ラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、<マホトが曲者らしいのよ。俺はこの人のことまったく知らないけど。もしかしたらやばい人かもしれないって噂>とトークしており、コレコレの配信を聞いていたのかもしれない。

竹山の発言にネット上では、コレリス(コレコレのリスナー)を中心に「コレコレさんの放送とかやり方も何も知らないのに、全部把握してるかのように喋らないで」「現実として15歳の女の子が自分の判断で親に相談して警察行こうってなるかな。絶対ならんと思う」といった意見が寄せられている。

だが竹山の感覚も真っ当だろう。たとえば未成年が親の暴力から逃げていたとして、その児童と知り合って助けてあげたいと考えた場合でも、黙って自宅に匿えば犯罪になる。“大人としての筋”を通す適切な対応としては「警察へ相談する」となることは覚えておきたい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ