高視聴率の木村拓哉『教場』がシリーズ化&映画化へ!?

 

賛否両論のようだ。年明けの1月3日、4日の二夜連続で放送された木村拓哉主演のフジテレビ系新春SPドラマ『教場2』である。3日の前編が世帯視聴率13.5%、翌4日の後編は13.2%。二夜連続13%台を維持し、同時間帯でトップを獲得したのだから数字的には文句なしの万々歳だろう。

 

「さすがキムタク」と絶賛の嵐も、批評家は辛口

ドラマの主人公・冷酷無比な警察学校教官・風間公親を演じる木村は笑みすら浮かべることもなく、決まり文句は「落ち度があれば即刻退校だ」と言い放つ。和やかな場面や安堵感が漂うシーンはほとんどない。風間のもとで生徒たちは厳しい訓練を受けつつ、時には拷問まがいの目を覆いたくなるようなシーンも出てくる。

 

非情でポーカーフェースなはずの風間の内面には、どことなく「愛情」も垣間見える。そんな摩訶不思議なギャップを見え隠れさせる難しい役柄を木村は前回に続き、見事に演じ切ったと言えよう。制作・放映したフジテレビ側を含め関係者サイドからはあらためて「さすがはキムタク」などと絶賛の嵐を送られている。

 

しかしながら辛口のコラムニストや批評家陣からは「昨年新春に放映された前回(教場PART1)よりも内容が劣っている」と酷評する声も少なくない。今回は生徒役に福原遥、杉野遥亮、眞栄田郷敦、上白石萌歌、樋口日奈(乃木坂46)、目黒蓮(Snow Man)といった若手キャストに囲まれていたこともあって「彼らによって、どうしてもドラマ全体が軽い印象になっていた感は否めない」と指摘するコラムニストもいた。

 

指摘の声も気にしないフジテレビ

だが、フジテレビ側はこうした批判的な意見に対しては”柳に風”の姿勢を決め込んでいる。制作に携わった同局関係者A氏に話を聞くと「『教場』をディスる批評家らの声は”妬み”。逆に言えば、それだけ木村さんの演技力が素晴らしく、注目を集めていることの裏返しと解釈できます」と一笑に付し、高視聴率を叩き出した「PART2」の反響と出来栄えに胸を張っていた。この見解には同番組の宣伝、およびリサーチなどに携わった大手広告代理店も共通認識だという。

 

朝刊スポーツ紙に在籍し、フジテレビにも強いネットワークを持つ芸能評論家兼スポーツライターの後藤茂喜氏は「フジテレビは『教場』をシリーズ化させたい意向を密かに温めており、映画化を図りたいシナリオも描いている」と打ち明け、次のように続けた。

 

「不振の続くフジとしては、この『教場』シリーズが久々のドル箱ドラマとなった。木村にとっても、主役の風間は新たな境地を切り開いたハマリ役。これだけの支持を得ているのだから、それをみすみす終わらせるのは得策ではない。フジとしては起死回生のカンフル剤として『教場』のシリーズ化、そして映画化で二の矢、三の矢を放ち続けて民放の雄の座を取り戻したい。一方の木村はパート2のクランクアップ後『いろいろあったけど、やりきった』と口にし”これが最後”という考えをほのめかしているところが、唯一の気がかり。とはいえフジだけでなく大手広告代理店も”その気”になっており、もちろんジャニーズ側も異論はないことから、話が進んでいけばおのずと木村は首をタテに振ることになるとみられている」

 

木村扮する”白髪・義眼の冷徹男”風間公親は今年年始のみならず、まだまだ今後も活躍の場を広げていきそうな気配だ。

 

※トップ画像は『教場』を放送するフジテレビ(Shutterstock.comより)

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ