オードリー・春日俊彰の妻に視聴者ビックリ「口調が春日そのまんま」

テレビドガッチ

ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00~)。1月27日の放送では、“一番デカいものを借りてくる”というルールの企画「巨大借り物競争」が開催された。春日俊彰(オードリー)と妻の電話のやりとりに、インターネット上は「口調が春日そのまんまやなww」「夫婦で話し方似てきたw!?」と驚きの声が上がった。

2018年放送の「重量借り物競争」に続く“借り物競走シリーズ”の第2弾。今回は春日、平子祐希(アルコ&ピース)、初瀬悠太(ななまがり)の3人が、2時間の制限時間内に「どれだけ“巨大な”お題の品物をTBSのスタジオに持ってこれるか」を競った。

最初のお題は「巨大な(もっとも重量の大きな)犬」。春日は都内の公園に向いつつ、元ドッグカフェ店員の妻に電話で相談。「なるほど 水曜日か」「急だね」「それが水曜だね」と春日そっくりの口調で話す妻に浜田が「おい嫁!」とVTR越しに突っ込む。その後、グレートピレニーズを飼っている知人をあたってもらうものの、「犬をちゃんと大事に扱ってくれる番組じゃないと……」という条件に春日は「じゃぁ水曜は無理だねぇ」とあっさり諦め、都内のドッグランをあたる作戦に変更する。

初瀬は赤坂の街で見かけたペットショップに狙いを定めるが、売っているのは子犬ばかり。一時は「うわぁ、失敗した!」と頭を抱えるものの、店員から大型犬を飼っている常連客を紹介してもらい、犬を借りる約束を取り付ける。大の犬嫌いな平子は公園で大型犬を連れた人を見かけても怖くて近寄れず、苦戦するものの、ドッグランでの聞き込みをもとに「近所の動物病院で巨大な犬を飼っている」という有力情報を入手し、見事もっとも重量の大きい犬を連れてきて勝利。一方最下位となった初瀬は、罰ゲームとしてジャイアント馬場に扮したモノマネ芸人・バケモン先生に強烈なビンタをくらう。

2つ目のお題「巨大なだるま」では、春日が群馬県のアンテナショップでだるまを借りることに成功し、一番乗り。平子も同じアンテナショップを訪れるものの、春日に先を越される。いっぽう初瀬も浅草で巨大なだるまを借りることに成功するが、スタジオに持ち込まれたものは、なんと春日のだるまとまったく同じサイズ。判定の結果、ふたりは「同率一位」となり、残った平子がバケモン先生のビンタをくらう。

残る3つ目のお題は「巨大なダンボール」。春日と初瀬は家具系のダンボールを狙い、平子は過去のアルバイト経験からハーレーの梱包ダンボールに当たりをつける。家具店で2人がけソファのダンボールを見つけた春日は思わず「デカいぞこれ!」と絶叫。初瀬も引越し業者のセンターで巨大なダンボールを見つける。平子がバイクの販売店で目にしたのは、折りたたんだ状態ですでに大人の背丈ほどもある巨大なハーレーのダンボール。3人がそれぞれ勝利を確信するが、その結果は……。

借り物競争中、春日との電話にバリバリの「春日口調」で受け答えする妻の姿に、ネット上では「口調が春日そのまんまやなww」「夫婦で話し方似てきたw!?」「春日夫妻のやり取り最高でございやした」と、興奮の声が。意外なモノの巨大さを競う企画内容にも「面白すぎた!! メンバーがまたぴったり」「こんなのあるんだって発見が楽しい」と感心の声が寄せられていた。

次回は2月3日に放送される。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ