高橋一生と綾瀬はるかの怪演に感服!『天国と地獄』第2話のあらすじは?

#ドラマに恋して

※画像は『天国と地獄~サイコな2人~』公式instagram(@tengokutojigoku_tbs)より

 

高橋一生さん、綾瀬はるかさんが入れ替わる!? てことで開始前から話題となっていたドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系、毎週日曜よる9時)。第2話が1月24日に放送されました。

 

『天国と地獄~サイコな2人~』ってどんなドラマ?

『JIN-仁-』や『おんな城主 直虎』、『義母と娘のブルース』を手掛けた森下佳子さんによるオリジナル脚本『天国と地獄~サイコな2人~』。綾瀬はるかさんは日曜劇場では初の主演となります。

 

綾瀬はるかさんが演じる望月彩子は、警視庁捜査一課に所属する女刑事。努力家で正義感が強いため、すぐに間違いを正そうとし「~~すべき!」とお説教をする性格から、”ベッキー望月”と呼ばれ周囲に煙たがられている。実は彩子は一度大きなヘマをしていたこともあり、手柄を挙げようと焦っていました。

そんなある日、遺体の口の中にパチンコ玉が詰められている猟奇的殺人が発生。残酷な殺人の割に掃除をしたばかりのよう清涼感がある現場に彩子は違和感を持ちます。

清掃に使われていたのは創薬ベンチャー企業、コ・アース社の業務用特集洗浄剤。コ・アース社を訪れた彩子は社長の日高陽斗(高橋一生さん)に疑惑の目を向けます。

次々と出てくる、日高を犯人だと現す証拠。彩子は自首を勧めますが、揉み合っているうちに階段から2人一緒に転げ落ち……まさかの事態に!?

彩子の同居人の渡辺陸に柄本祐さん、彩子のバディで後輩の八巻英雄に溝端淳平さん、何かと彩子と対立する警視庁捜査一課主任・河原三雄を北村一輝さんが演じます。

 

身体が入れ替わり、容疑者として捕まってしまうかもしれない彩子、そして警察内部に入ることができた日高。日高は容疑を晴らすために彩子に協力するように持ちかけますが……。『天国と地獄~サイコな2人~』の第2話はどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第2話のあらすじは?

警視庁刑事部捜査一課の刑事である望月彩子(綾瀬はるかさん)は、とある殺人事件の容疑者・日高陽斗(高橋一生さん)を独自の調査で追い込み、直接対峙して自首を勧める。しかし、不慮の事故により2人とも階段から転落、その時に、何とお互いの魂が入れ替わってしまうという怪現象が起こった。

 

一気に立場上有利となった彩子(日高)は、入院先の病院内で悪魔の取引を行う。「警察に捕まるか、協力して容疑を晴らすか」を提案し、やむなく日高(彩子)は後者を選んだ。日高(彩子)は彩子(日高)の指示で、殺人の証拠となりうる数々の書類を会社から持ち出し、何とか警察のガサ入れをかわすことに成功。厳しい事情聴取もクリアし、釈放された。

 

そして彩子(日高)は、周辺から怪しまれないように、彩子になりきる生活が始まる。口調が変化し、署内の仲間から怪しまれるも「路線変更です」とごまかし、自宅に居候している渡辺陸(柄本佑さん)に対しては色仕掛けするなどして「彩子」を徹底的に演じた。日高(彩子)も、釈放された翌日から社長を務めるコ・アース社に出勤。しかし、慣れない業務に悪戦苦闘し、社員からも怪しまれる結果となってしまう。

 

一方で捜査は暗礁に乗り上げ、日高はいったん捜査線上から外れることとなり、彩子(日高)も一安心。しかしながら、殺人の証拠となる日高が走るトラックの荷台に投げ捨てた”皮手袋”の存在、その行方が2人の運命をにわかに変えていく事となる。警察に見つかれば逮捕される可能性が高くなると考えた日高(彩子)は彩子(日高)を歩道橋の上に呼び出し、事故の時と同じように一緒に階段からの転落を試み、元の身体へ戻ろうとするも失敗。しかし彩子(日高)は日高(彩子)を攻めることなく、あくまで余裕たっぷりに今の立場の違いを訴えかけるのであった。

 

絶望に苛まれる日高(彩子)だが、ある時自宅マンションに、彩子の後輩刑事である八巻英雄(溝端淳平さん)が訪れる。八巻は、彩子(日高)の口調が変わったり、殺人の証拠となる皮手袋の存在をやたらと隠したがっている事に疑念を抱いていたのだ。彩子しか知りえない質問を日高(彩子)に行い、「彼」がその全てを正解した瞬間、八巻は日高(彩子)と彩子(日高)の身体が入れ替わっている事を理解した。

 

高橋一生が綾瀬はるかにしか見えない件について

日高と身体が入れ替わってしまった彩子は、日高として生活を始めたわけですが……。

え? 高橋一生さんが綾瀬はるかさんにしか見えないんですが?

男性が女性のフリをしているとかそういうレベルじゃないんですよね。見た目は男性だけど、中身が女性なんですよ。高橋一生さんが望月彩子を演じているだけの話と言われればそれまでなんですが、綾瀬はるかさんが演じていた望月彩子が高橋一生さんにトレースされているので、なんというかもう、スゴイ、の一言。

話し方とか仕草とか、大きな部分で変わるのは当たり前なんですが、座るときの姿勢とか、ちょっとした動きがもう「彩子」そのもの。お風呂に入っても絶対に裸体を見ないようにしようとする動きもコミカル。日高もやばいけど、俳優・高橋一生さんのヤバさも目の当りにした気がします……。

 

一方、彩子(日高)の方は、これまでと様子が一変し、同居人の陸からは「天使みたいなんだけど」と言われているほど。素に戻る部分はなく、日高が思う「いい女性」を演じているように見えます。綾瀬はるかさんも彩子を演じていたときとは全く表情が異なり、喜怒哀楽があまり見えない、クールな印象に。

役者さんってすごいな……と至極当たり前なことを改めて思ってしまいます。

 

 

警察には彩子に違和感を持つ人たちが……

彩子(日高)と協力することで、捜査の目を外すことができた日高(彩子)。

ギリギリのところでしたが、証拠の隠滅も、事情聴取も乗り切ることができました。が、彩子としては忸怩たる思い。おまけに日高の職場では何が何やらさっぱりで絶望気味です。大人の入れ替わりは、一番の問題はお互いの仕事ですよね……特に専門職。

今のところ、日高サイドで気がついている人はいませんが、彩子サイドはさすが警察、と言ったところでしょうか。特に、八巻は彩子のバディであり、入れ替わりの直前・直後に彩子と接触しているため、違和感持ちまくりです。

「化粧してるし、敬語だし、片付けてるし、変ですよ!」って化粧と敬語はともかく、片付けもしていなかったのか、彩子……。八巻は日高の自宅へと突撃し、彩子と日高が入れ替わったことを突き止めます。そんなにもあっさり入れ替わりの可能性を考えられるのが柔軟です……。

そのほかにも、河原も彩子を訝しんでいます。すぐに彩子が化粧していることに気がついたのスゴイ。今後、八巻と河原がキーポイントになってくるのか……。

そして、やはり一緒に暮らしている陸も何かおかしい、とは感じているようです。というか、陸と彩子の関係はなんなんでしょうか。「彼女」って言っちゃってたけど、ほんとに? 単なる同居人だったのだとしたら、元に戻ったときにこじれるぞッ!

 

それにしても日高が何を考えているのかはさっぱりです。

タイトルには「サイコな2人」とありますが、1人は日高だとして、もう1人は彩子なんでしょうか? サイコには見えないし、もし他にも……?こうなってくるとみんな怪しく見えてきてしまいます。

今後の展開が楽しみで仕方ありません。

 

 

どうなる第3話!?

入れ替わりに気がついたおかげで八巻という協力者が現れた日高(彩子)。
一方、相変わらず、彩子(日高)が何を企んでいるのかは分からず……。

ストーリーも演技力も大注目の第3話、絶対見逃せない!

 

 

見逃し配信サービスも!

第2話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

過去放送分もチェック

『天国と地獄~サイコな2人~』第1話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

 

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ