石橋貴明、作家へのドッキリが大反響 「愛しかない」「最高かよ」

fumumu




とんねるずの石橋貴明さんが25日、自身のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を更新。スタッフへのドッキリが感動的な展開となり、視聴者の涙を誘いました。

■30年以上支えた作家にドッキリ


チャンネルでは貴さんに30年以上関わっている放送作家の小川浩之さんへのドッキリを実施。長年連れ添うがゆえに、感謝の言葉を聞くことも少なくなり、貴さんが伝えてほしいと考えたのがきっかけです。

ハガキ職人出身で、一度サラリーマンを経て貴さんを支えてきた小川さん。『とんねるずのみなさんのおかげでした』等、様々な番組に関わってきた存在です。

関連記事:石橋貴明、飲食店応援企画で抜き打ち再訪 コロナ閉店危機から大逆転

■遅刻、ダメ出し


新番組の打ち合わせと称し、貴さんは小川さんを呼び出し。伝えた時刻がじつは遅刻の時間だった…という展開から幕を開け、感謝の言葉を聞くことができるまで貴さんが怒り続けます。

小川さんが持ってきた企画書にダメ出しすると、ここ最近の仕事への向き合い方に不満を抱いていたという体で、追い詰めていきます。

口調そのものは優しいものの、厳しくダメ出ししていった貴さん。「貴ちゃんねるずとか見ないで!」と貴さんに言われて、21時に見たと明かすなどの展開はありましたが、感謝の言葉はなかなか出ません。

■「貴明さんが喜ぶことを考える仕事」


そして、ディレクターのマッコイ斉藤さんが乱入、ドッキリだとネタバラシすると「一番今までで怖かったです」と安堵。そして、「マッコイさんだけはなにがあっても裏切らない仲間だと思ってます」と貴さんではなくマッコイさんに対しても感謝を述べることに。

小川さんとしては、業界入りのきっかけを作ってくれた恩人である貴さんには「なにを言われても仕方ない」と思う一方、結婚もせず仕事一筋で作家として献身的に接してきたマッコイさんには「勘弁してください」と反応。

さらに「恩返しは面白い企画で返すしかない」「放送作家をやってるつもりはないんです。貴明さんが喜ぶことを考える仕事だと思ってます」と涙ながらに語るなど、最終的にしっかり感謝の言葉を述べていました。

■師弟愛に視聴者感動


今回の動画に対し、コメント欄では「涙が出ました。愛されてますね、、心から感謝をしていないと出てこない台詞ですね」「愛しかなかった」「おふたりの関係性があるからこそ言える言葉だったんでしょうね。懐かしんでいる貴さんの愛情、それを真摯に受け止めている小川さん、照れるマッコイさん。最高かよ!」「小川さん自身が企画となり恩返しになった瞬間でした。小川さんのおかげでした」などの声が寄せられることに。

30年以上の歳月で培われた師弟愛に、思わず感動した人も多かったようです。

★石橋貴明さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→石橋貴明、飲食店救済企画が過去最高の感動作 「めちゃくちゃ泣いた」

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ