弟にプロレス技をかけられてもじっと耐える世話好き猫兄さん


飼い主に「ツボる」と評された猫ちゃんの表情がTwitterで話題。

猫ちゃんは日々見せる様々な表情が魅力のひとつで、SNS上でも都度話題となります。先日も、とある猫ちゃんの見せた表情が、Twitter上で多くの猫好きをツボらせました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「そぼろのこの顔ツボるww」というつぶやきで、自身のTwitterに投稿したのはそぼろさんとつくねさん(以下ねーちゃんさん)。ハンドルネームの通り、いずれもオス猫のそぼろくんとつくねくんの2匹を飼っており、「趣味がそぼろとつくねです」と語るくらいの猫ファーストな「ねーちゃん」さんです。

さて、そんなねーちゃんさんが、この日「ツボった」というつぶやきとともに投稿した1枚の写真では、部屋に佇んでいるそぼろくんに対して、つくねくんがプロレス技の「フェイスロック」をかけているかのような状況。フローリングをマットとイメージしているのでしょうか、まるでネクタイのように垂れ下がって技をかけています。

それに対して、そぼろくんは特に抵抗することもなく無表情。ニャンともギャップに溢れたものとなっています。

これにはTwitterでも、多くの猫好きの「ツボ」に入り、反響を呼んだのですが、それにしても2匹は何をしていたんでしょう。筆者はねーちゃんさんにお話を伺うことに。

「どうやらまたつくねがそぼろに『勝負』を挑んでいたようです(笑)」

実はつくねくんは、まだ生後2か月半の子猫。元々ねーちゃんさん宅では、3年前にそぼろくんを迎え入れ、“1人と1匹暮らし”をしていたのですが、「遊び好きなそぼろの相手になれば」と思い、今月からつくねくんが新たに「参入」。現在は“1人と2匹暮らし”となっています。

するとそぼろくんは、それまでの遊び好きから一変。まだつくねくんがやってきて1か月も経っていないにもかかわらず、「指導係」として、甲斐甲斐しく世話をするように。

つくねくんが来てから「世話好き兄さん」に変貌したそぼろくん。

一方のつくねくんはというと、当初はの「大人しくてぼんやりしている子だったんです」な姿から、これまた1か月も経たないうちに、“猫かぶり”が剥がれ「暴君」に変貌。勇猛果敢にそぼろくんに「勝負」を挑むように。そんな様子をとらえたのが今回の1枚。わんぱくが過ぎるつくねくんに、少々「育児疲れ」のそぼろくんとの構図でした。


<記事化協力>
そぼろくんとつくねくんのねーちゃんさん(@soboron____)

(向山純平)

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ