BENNIE BECCA 、COVID-19と闘う全ての人へ向け11年振りとなる新曲「DEAR COVID BUSTERS -for charity-」リリース!

UtaTen

1枚目のニュース画像です

11年ぶりに新曲をリリース!


2021年1月24日、BENNIE BECCAが11年ぶりに新曲「DEAR COVID BUSTERS -for charity-」をリリースした。

BENNIE BECCAは、2009年にBENNIE Kが立ち上げた新プロジェクト「BK Project」の第一弾として、アメリカからシンガソングライターBECCAを迎えて結成されたユニット。

2010年のアルバム「BENNIE BECCA」からの1st シングル「Dreamer」がスマッシュヒットとなるが、その後、活動を休止していた。

COVID-19と闘う全ての人へ向けた楽曲


今回、「COVID-19による、未曾有の事態に何か音楽でメッセージを発信できないか」とYUKIがメンバーであるCICOとBECCAの二人に声をかけ、このプロジェクトがスタート。

全世界が深刻な状況の中、地球上のすべての人のために闘う医療従事者の姿にインスパイアされ、夢に現れたCOVID BUSTERSとしてコロナウイルスと闘う3人の女性から曲のイメージを広げていった。

BENNIE BECCAは元々、ROCKとHipHopを融合したサウンドをベースとしていたが、今回の作品も、その方向性を継承。中でも80年代の特撮映画を彷彿させる電子音にこだわり制作し、女性3人のユニットではあるが性別では測れないパワフルな作品に仕上がっている。

▲BENNIE BECCA - 「DEAR COVID BUSTERS-for charity-」

そして、COVID-19による海外渡航の制限がある中で進めたアメリカと日本でのレコーディング。

3人は各自の自宅の音響システムを使用し、マスタリングまでのすべての作業をリモートで行っている。メンバーの印象に残ったのがミックスの作業。3人のPCモニターをシンクロすることで、数千キロという距離を感じさせることなく、気持ちを1つにしてリアルタイムで作業を進められた。

また、この楽曲はタイトルにもあるようにチャリティーソングとなっており、有料配信する事で得た収益分のすべてを世界最大の国際的緊急医療団体「※国境なき医師団」への活動に寄付される。

「今、世界中が危機に見舞われる中で、少しでも多くの人の免疫力向上に繋がる事ができればと思い制作いたしました。この楽曲は、COVID-19と闘う全ての人へ向けた応援メッセージです。」

※国境なき医師団:独立・中立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体。

配信情報



●配信中
『DEAR COVID BUSTERS -for charity-』

作詞 YUKI、CICO、BECCA
作曲 YUKI、CICO、BECCA
編曲 YUKI、Mine-Chang

配信はこちら

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ