100均・無印が大活躍! スッキリ冷蔵庫を叶えるプロたちの収納技

All About

冷蔵庫の中身がギュウギュウの満タンになっていませんか? ダイソー・セリア・無印良品などのグッズを知り尽くした整理収納のプロたちが、冷蔵庫収納に役立つ選び抜いた収納アイテムをご紹介します。
家の中でも一番入れ替わりが激しい収納場所が冷蔵庫。買った食材や調味料をとりあえず空いている所へしまっていると、気づけば期限切れになり食費が無駄という事態にもなりかねません。

ダイソー・セリア・無印良品などのグッズを知り尽くした整理収納のプロたちが、そんなお悩みに応えます。『整理収納サロン in my rhythm』尾山敬子さん、『楽しい暮らしnote』はやしあきさん、『1010-L/トトノエル』吉田章子さんが選び抜いた、評価の高い収納用品の使い方実例をご紹介します。これさえあれば時間もお金も無駄になりません。

食品の定位置は期限で一段ごとに管理、使うもの別にまとめ収納

冷蔵庫の高い場所に食品を置いておくと、手が届きにくかったり視野に入りにくいため、使い忘れて期限切れになることがあります。実際に使いやすい棚の位置というのは、自分の目線より下の範囲です。その理屈に従って、食品の定位置を決めていきます。

たとえば、下段には賞味期限が近い食品や前夜に残ったおかずなど、忘れずに「すぐ使う」もの、中段には定番の調味料や惣菜など「いつも使う」もの、上段には1週間で使いきりたい「これから使う」ものを置くという方法です。どの食品をどこに配置しようかと迷ったときには、使用期限で配置してみるのもいい手です。
上段左:ダイソー「深型バスケット 170×120×300mm」 上段右:ダイソー「ラタン・バスケット 288×127×92mm」中段左右:セリア「KiRei wide 127×302×70mm」中段中央:セリア「KiReiストッカー 127×302×70mm」下段:セリア「引き出しトレーワイド 280×160×50mm」  ポケット:セリア「薬味チューブケースシングル3P」
これまでの置き方をいっぺんに切り替えるのは、手間がかかります。何から改善しようかなと思ったら、食品を棚に直接置かない方法を取り入れるのがおすすめ。まずは100円ショップにある収納用品を使って、食品をまとめましょう。カゴやトレーにまとめるときの目安は、一緒に使うモノ、賞味期限や種類です。

◆ セリアの缶ラックは缶飲料以外の収納にも便利
セリア「缶ラック350 161×230×86mm」350ml缶3本収納サイズ
吉田章子さんによると「缶ラックは手前側が低くなっているから、収納用品として活用できる」とのこと。缶飲料に限ることなく、朝食用食品をセットでまとめたいときに便利なのだそうです。

◆ 納豆や卵の収納にぴったり! 無印ポリプロピレン整理ボックス
無印良品「ポリプロピレン整理ボックス4 約115×340×50mm」 ゆで卵にはペンで顔を描きいれるとひと目で分かる愉快な方法
しまいたい食品の種類と大きさに見合った収納用品が見つかると、整理整頓をするのがグンとラクになります。たとえば「卵のパックと、3個セットのお豆腐や納豆が入るちょうどよいサイズの収納ケース」を使っているのが、はやしあきさんです。

◆ その日の朝食に必要なものもパッと出せる
左:パン食のあさごはん 右:のり、うめぼし マスキングテープに平仮名で手書き
同じケースを使って「朝食でパンを食べるときに使うものや、ご飯と一緒に食べるものをひとまとめにしておくと、そのままテーブルにさっと出せて便利ですよ」とのこと。冷蔵室にお揃いのケースを並べるとスペースに無駄がなく、見た目にも美しく整えることができます。

横倒れドミノや補充もれを防ぐ、冷蔵庫ドアポケット収納用品

すべてセリアの商品 左:「マヨネーズスタンド」 右:「薬味チューブケースシングル3P」
冷蔵庫のドアポケットは開けたり閉めたりするたびに、調味料の小さな瓶やチューブが倒れて困ることがあります。そんな時には横倒れドミノを防ぐ100均商品が便利です。

◆ 仕切り板でスパイスを種類別に整理
大きなポケットでも小さなスパイスボトルがきちんと並ぶ セリア:「バスケット用仕切り 2枚入り」MサイズとLサイズの2種類がある 
尾山敬子さんは「仕切り板を使うと、洋風スパイスと和風スパイスに分けることができます。見つけやすくて、出し入れするときの手間が軽減されて時短に。出し入れがラクですよ」といいます。さらに「横倒しになりやすいマヨネーズ、ケチャップなどの調味料には、仕切りを入れると自立します」と。それぞれの定位置が安定してストレスフリーになったそうです。

◆ 透明ケースは残量を知るのにも便利
ドアポケット上段:セリア「シャカシャカねぎポット」下段:無印良品「耐熱ガラス型保存容器」は電子レンジにもOK
開封した乾物を冷蔵庫で保管されているはやしあきさんは、中身と残量が分かる透明ケースを使っています。「使いきったらケースを洗って、空の状態でも元の場所に戻せば、補充するサインになる」というのも、プロならではのノウハウです。

立てて並べて無駄なく使いきる冷凍室

まとめて購入した食材を冷凍することで、料理の時短と家計の節約につながります。また、食品を備蓄しておくことで、災害や外出自粛といったイザというときのためにも有効です。そのためにも冷凍室にはたっぷりと収納したいのですが、なりゆき任せでしまっていくと使い忘れて無駄が出てしまいます。
セリア:「フリーザーエンド 139×143×145mm(1個使用時)139×150~237×145mm(2個使用時)」
引き出し式の冷凍室は上から眺めて出し入れするので、本棚のように食品を立てて収納したいところ。そこで、尾山敬子さんが使っているのがスタンドで、「L型でシンプルな形の仕切り。1個売りですが、食品の量によって2個連結すると幅を調整できて、フレキシブルに使えるからストレスフリー」なのだそうです。

家族の健康と美味しい食卓を支えてくれる、頼もしい存在が冷蔵庫。プロたちの収納アイテム活用法から学び、ギュウギュウ満タン冷蔵庫の卒業を目指してくださいね。
(文:すはら ひろこ(収納ガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ