千鳥ノブ、ウエストランドやIMALUらに衝撃の暴言を連発

Entame Plex



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は20日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#121を配信した。

この日の配信回では、好感度が上がりすぎてしまったノブが、スキャンダルを起こす前に好感度を下げる新企画「ノブの好感度を下げておこう!」を実施。お笑いコンビ・ウエストランド、タレント・IMARU、グラビアアイドル・まいてぃをゲストに迎え、楽屋挨拶に訪れたゲストたちに対し、大悟さんの指示を受けたノブが“イヤな奴”を演じて、好感度の下降を狙う“好感度落下チャレンジ”に挑戦。スタジオには好感度の専門家として、「芸能界の好感度を牛耳ってる」と豪語するお笑いコンビ・鬼越トマホークを招き、その様子を見守った。

早速、昨年の『M-1グランプリ』ファイナリストであるウエストランドが、ノブの楽屋を訪問。ノブは開口一番、「『M-1』オモんなかったな」といきなり暴言を吐くと、「俺はネタ作ったこともないし考えたこともないけど、オモんなかったわ」と理不尽な意見を連発。しかし、「どうやって作ってんの?あのネタ」「あの漫才の一番ウケるポイントはどこ?」と、ネタについて興味を示したノブは、ウエストランドの回答に「すごいなぁ」と小声で反応。貶したかと思えば、急に感心した様子を見せるノブさんの支離滅裂な展開に、スタジオで見守る大悟、鬼越トマホークはもちろん、ウエストランドの2人も笑いをこらえる事態に。

さらに、SNSでの告知用に写真を撮らせてほしいというウエストランドの井口浩之の申し出に、ノブは「俺のフォロワー数知ってる?お前何人?」と問いかけ、井口が「ツイッターが2万人ぐらいで、

インスタが2800人ぐらいです」と答えると、即座に「俺両方合わしたら320万」とドヤ顏を炸裂。その後も、「なんぼくれるん?お金がかかるよ」「俺もうずっとそうやってる。インスタはもう全部」

「何のためにインスタしてんの?お金お金お金お金!」などと、まくしたてるノブに、ウエストランドの2人は必死に笑いこらえていた。

ここまでのチャレンジを見届け、大悟は「これでネットニュースに切り取られて、『ノブ、インスタ&ツイッターはお金のため』って出たら、ようやく(好感度が)下がる」と満足げな笑みを浮かべるも、当のノブは「下がるどころじゃない」と苦笑い。

続いて、IMALUとの挑戦では、「仕事の話とかってお父さんに言う?」などと、あからさまにIMALUの父であり大先輩である明石家さんまへの印象を気にかけるノブ。そんな中、IMALUは「お願いがあるんですけど、毎週横浜で生放送のラジオをやってまして...」と自身がDJを務めるラジオ番組への出演を打診したが、ノブはIMALUの話を遮り、「出ない出ない出ない」と全面拒否し、そのあまりの失礼さに一同は思わず爆笑。この頃から、それまでは大悟の指示を受け、傍若無人な態度をとってきたノブだったが、徐々に自ら悪態を吐くようになり、どんどん好感度を下げていくように...。

そこで、IMALUにもSNS用の写真を撮ってほしいと頼まれたノブだったが、「厚かましいな」とバッサリ。「俺のフォロワー数知ってる?IMALUちゃんはどれくらい?」と再びフォロワー数の話題を持ち出し、「インスタは約6万、ツイッターは結構多くて23万」と答えるIMALUに、手土産を突き返して「おかえりください」「フォロワー数が6万の方とは喋らない」と、無礼極まりない態度で退出を促し、チャレンジ終了。楽屋挨拶を終えたIMALUは「スタジオの声が聞こえないので、何となく指示はあるのかなって思ったんですけど」と振り返ると、「私のことはIMALUとしてじゃなくて、“さんまの娘”って思われてるんだなって」と、ノブの印象を語り、ノブは「全部こいつ(大悟)よ!よくあんなに指示が出てくるな!」と大慌て。見事ノブの好感度を下げることに成功し、スタジオは達成感に包まれていた。

(C)AbemaTV,Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ