ジム・キャリー、メラニア・トランプ前大統領夫人を「史上最悪のファーストレディ」「役立たず」アートで痛烈批判

俳優ジム・キャリーは近年、得意のアートを通じて政治や社会情勢を表現し注目を集めている。米時間22日には、このほど4年の任期を終えホワイトハウスを後にしたメラニア・トランプ前大統領夫人のイラストをアップしたジム、作品を通じて「史上最悪のファーストレディ」「役立たず」と夫人を痛烈に批判した。

映画『マスク』(1994年)、『グリンチ』(2000年)などで人気のカナダ出身俳優ジム・キャリー。昨年11月のアメリカ大統領選挙の際には、『Saturday Night Live』のスケッチコメディーでジョー・バイデン氏のモノマネを披露し、ドナルド・トランプ役を演じたアレック・ボールドウィンとともにお茶の間に笑いを届けた

そんなジムは近年、俳優としてだけでなく画家としてもその才能を開花させており、2011年頃から精力的に創作活動に取り組んでいる。ある時はアートを通じて人々の心に寄り添い、またある時は政治や社会情勢を風刺した作品で世の中に物申してきた。それらの作品の一部はジムのTwitterでも公開されており、特徴を捉えた独特のイラストやジムならではの痛快コメントが人気を集めている。

今月22日には、このほど4年の任期を終えた夫ドナルド・トランプ前大統領とともにホワイトハウスを後にしたメラニア夫人のイラストをアップ。極度に吊り上がった目元や高く盛り上がった頬骨など実際のメラニア夫人をかなり“醜化”させたそのイラストに、ジムは次のような言葉を添えた。

「えっと… さようなら、史上最悪のファーストレディ。」

「“浅瀬”での新たな人生を、慰謝料でまかなえることを願ってるよ。」

メラニア夫人が遅かれ早かれ夫と離婚すると予測し、“慰謝料”という言葉を使ったジム。メッセージの最後には

「役立たず(THX FOR NOTHING)」

と痛烈なコメントが記され、「NOTHING」の部分を強調するかのように、そこには太線が引かれていた。

ジムは首都ワシントンで連邦議会議事堂襲撃事件が発生した米時間6日にも、“殺人鬼ピエロ”と化したトランプ前大統領のイラストをアップしており、「真実を抹殺し、無知であることを兵器化している」「イカれた大統領と上院の慢性的な病状が、今マックスで発症中だ」などとコメント。トランプ前大統領の暴挙ぶりを批判すると同時に、アメリカ民主主義の象徴である議会議事堂が207年ぶりに侵入されたこの日の出来事を嘆いていた。

ジムのTwitterには「よく言った!」「全くもってその通り」など共感や賛同のコメントが多数寄せられており、メラニア夫人のイラストをアップしたツイートにも、3000件近いコメントが集まっている。



画像2、3枚目は『Jim Carrey 2021年1月22日付Twitter』『Saturday Night Live 2020年11月7日付Twitter「Joe Biden and Kamala Harris’ victory speeches.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ