「これはフェミニズム映画ですか?」と世界中で聞かれた…生殖の権利と伝統・宗教の間で悩むチベット女性を描いた映画『羊飼いと風船』監督インタビュー

wezzy


 この10年、中国映画界では「チベットヌーヴェル・ヴァーグ」が起きている。そのきっかけを作ったのは1969年生まれのチベット人、ペマ・ツェテン監督だ。チベット語と中国語の2言語で小説を発表し続けながら、映画監督としても活動するツェテン監督は、2005年の『静かなるマニ石』で世界中から注目を集めた。なぜなら、それはチベット人の制作者とキャスト、チベット言語だけで作った純粋なチベット映画の先駆けだったからだ。

電気がやっと通った山村に住む10歳の少年僧の目を通してチベットの日常を描いたこの作品に続き、『オールド・ドッグ』(2011)、『タルロ』(2015)でも、チベットの消えゆく“伝統と近代化”の葛藤を描いたペマ・ツェテン監督。そんな監督の新作『羊飼いと風船』が1月22日に公開される。

本作は、前2作品とともに東京フィルメックスで最優秀作品賞に輝き、日本ではツェテン監督の劇場初公開作となる。ウォン・カーワイ監督も絶賛しているペマ・ツェテン監督に「チベットヌーヴェル・ヴァーグ」から本作のテーマまで話を聞いた。
中国映画界における「チベットヌーヴェル・ヴァーグ」
 アメリカに拮抗する巨大な映画市場をもつ中国は、現在、「2035年までにハリウッドのライバルとなる強い映画の力」というスローガンのもと、1本につき約15億円以上を稼ぎ出す映画を年間100本制作するという目標を抱えている。

そんな大作志向とも見られる中国映画界において、チベット映画が興隆しているトレンドは非常に興味深い。中国映画界のこのような目標はチベット映画にどのような影響を与えるのだろうか。

「チベット映画は現在のところはまだまだマイノリティです。まだ漢語で製作された作品が大部分を占めています。チャレンジしなければいけないことはたくさんあり、数年で市場が確立される、ということもなかなか難しいでしょう」と監督は、国内におけるマイノリティの映画の難しさを語るが、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年)のグローバルな成功を踏まえると、世界市場はローカル映画に門戸を開き始めているような気もする。

特に、伝統と近代化の対立という普遍的な家族との物語のなかに女性が抱える課題を浮き彫りにした今作は、国境をこえて多くの人の心に響くに違いない。
貧困と輪廻転生思想の狭間で揺れる女性の葛藤
 今からおよそ20年前のチベットの大高原を舞台にした本作のストーリーはこうだ。牧畜をしながら暮らす、祖父・若夫婦・3人の息子の三世代の穏やかで幸せな生活に、中国政府の「一人っ子政策」の波が押し寄せる。

だが、若い母ドルカル(ソナム・ワンモ)は望まぬ妊娠をしてしまう。政府からコンドームは無料で配給されるが、しょっちゅう品切れになるし、チベット人のほとんどが仏教徒で伝統的価値観をもっていることから、ドルカルは避妊についてオープンに夫と話せない。

とはいえ、ドルカルの妊娠を夫タルギェ(ジンバ)は喜び、お腹の子は亡くなった祖父の生まれ変わりだと仏僧に予言される。けれども、貧困のなかこれ以上子供を育てるのは無理だとドルカルは悩む。同じ頃、出家したドルカルの妹シャンチェ・ドルマ(ヤンシクツォ)が一家を訪ねてきて……。

監督はドルカルの苦悩についてこう説明する。「ドルカルは二重の困難を抱えています。貧しい家庭で、出産すれば4人の学費を用意しなければいけないという金銭的な困難。物語は1995年から2000年に設定していますが、現代でも子供の教育費は家庭にとって大きな負担です。また、信仰──これは伝統とも言い換えることができますが──輪廻転生の思想のもと、夫の父の生まれ変わりを妊娠したというのが、彼女にとってさらなる困難です」(ペマ・ツェテン監督、以下、ツェテン監督)

映画では、ドルカル一家が長男の学費を捻出するために羊を売るシーンがある。監督によると、牧畜民にとって動物は経済の柱であり、羊を売るということはドルカル一家の貧しさを象徴するものだという。

ドルカムの悩みは、監督が先述した“貧困と輪廻転生思想”のほかにも、台頭してきたフェミニズム、そして、“アイデンティティの目覚め”からも生じたように思われる。

劇中、ドルカルはクリニックを訪れ、チベット人女性医師にこんなふうに言われる。「貧しいのに産んだら、女性のあなたが苦労することになる。生殖の権利は女のものよ」と。中国全土で近代化が進むにつれ、女性のフェミニズムやリプロダクティブ・ヘルス/ライツの意識も変わってきた傾向がこの女医のセリフににじみ出ているように思えるが、監督にフェミニズムを映し出す意図はあったのだろうか。

「フェミニズムを目的として意識的に描いたわけではありません。しかし、脚本を初めて書いた時には非常にシンプルな構成だったのに、一度離れて再び脚本を練り直したときには、女性が抱える苦しみや、女性たちへの思いやりが含まれるようになったのは事実です。ドルカルや彼女の妹は、私自身がいままで出会ってきた多くの女性たちなんです」と監督は答える。

本作は世界各国の映画賞を受賞し、中国で初めて正式に政府に公認された女性映画祭「The One International Women's Film Festival」でも昨年上映されているが、様々な国で監督は「この映画はフェミニズム映画ですか?」と聞かれたそうだ。そういった声から「時代・文化・地域を超えて、ドルカルが抱える“困惑”を、皆さんが抱えている」と監督は感じたそうだ。

ドルカルが抱える「産む・産まない」の悩みは、仏教の輪廻転生思想が生活からほとんど消えた、宗教色の薄い日本人女性にも重なる。貧困のほかにも、職場でのガラスの天井、婚外子差別、離婚後の単独親権や養育費不払い、女性のワンオペなどの家父長的制度や慣習、加えて、家計を蝕む高い教育費などがある限り、女性の「産む・産まない」の葛藤は決してなくならないだろう。

そういった女性の葛藤をセリフで語るのではなく、カメラで視覚的に表現している点も本作は非常に素晴らしい。手持ちカメラで意図的なブレを作り出すことにより、ドルカルの心の揺れを映し出しているのだ。
「2つの赤い風船」のメタファー
 伝統的価値観は社会や家族といった共同体にアイデンティティを置くが、伝統が消えゆくにつれ、アイデンティティは共同体から個人へと転換していく。そういった転換期に生じる軋轢は今、世界中で起こっている。だからなのだろうか、余白を残したエンディングは観る人によって捉え方が違ってくるのかもしれない。

実際に、中国ニュースサイト「Global Times」で監督が語ったところによると、本作が昨年のヴェネツィア国際映画祭で上映されたときには、カトリックのイタリア人観客が「ドルカルは産むべきだ」と主張した反面、中国人観客はその反対を唱えたという。(※)

「監督という立場においても、彼女の代わりに、彼女が抱える困難への結論が私自身には出せなかったのです。“自分だったらどうするか”。きっと皆さんは、ご自身の経験則に基づき結論を出されるでしょう。私が一概に答えが出せるものではないと思ったのです」(ツェテン監督)

伝統と近代化、貧困とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ、共同体と個人のアイデンティティ……複雑で深淵なテーマを含んでいるが、本作は監督のユーモアとあたたかな眼差しで綴られている。

思わず微笑んでしまうシーンも多々あるし、なによりも、“青”を基調としたチベットの雄大な空や大草原にドルカル、夫や妹が纏う“赤”の衣装と“赤い”風船が際立ち、幻想的な世界観を生み出す、非常に叙情的な物語に仕上がっているのだ。

取材の最後に、2つの赤い風船は「希望と生命」のメタファーだと監督は教えてくれた。映画を観る皆さんには、この風船の行く先を見届けて自分だけの結末を見出してほしい。それがペマ・ツェテン監督の本望なのだから。

(此花わか)

【参考】
※Tibetan director discusses the future of ethnic minority film in China – GLOBAL TIMES(リンク)

映画『羊飼いと風船』

1月22日(金)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ