ジャニーズJr.年齢制限のウラに”タッキーの怒り”

 

大きな波紋を呼び起こしている。ジャニーズ事務所は16日、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入し、2023年3月31日から適用されると公式サイトで発表した。約60年もの長い歴史を誇るジャニーズ事務所において「ジャニーズJr.制度」に年齢制限が設けられるのは初めてのことだけに、業界内でのインパクトは計り知れない。

 

相次ぐJr.の不祥事にタッキーは……

一部でも報じられているが、確かにこの年齢制限施行には滝沢秀明副社長の強い意向が働いている模様だ。現在在籍するJr.の総数は東西合わせて約200人にものぼり、かねてから”飽和状態”ともささやかれていた。しかもJr.にまつわるメンバーや元メンバーには近年、スキャンダルの発覚やトラブルが絶え間なく続いてしまっていることで業界内からジャニーズ側の管理責任を問う声が出ているのも事実だ。

 

「こうした流れに強い危機感を抱き、Jr.のイメージを損なわないようにすべく滝沢副社長が自ら動いて大号令をかけたと聞いている。要するに”年齢制限”を設けることで、メンバー個々に強い自覚を促す狙いがある。Jr.の冠に甘えることなく身も心も清廉潔白にしながら22歳を前にキッチリと結果を出して、スターの道へ羽ばたくきっかけをつかみなさいということ」とジャニーズ事務所にも出入りする業界関係者は今回施行されることになった制度改革の内情について説明した。

 

一昨年9月にジャニーズJr.内の5人組グループ「HiHi Jets」の橋本涼と作間龍斗が、女性とのベッド写真流出によって謹慎処分を受けたり、同じくJr.の秋山大河は同年12月に女優の神田沙也加との不倫疑惑を写真付きで詳報されてジャニーズを退所したりしたこともあった。

またJr.内のユニット「宇宙Six」の山本亮太に至っては文春オンラインで昨年10月に東京・新宿にある違法スロット店などに出入りしていたことや、本命女性以外の美女2人とホテルに入っていく様子まで詳細に報じられた。山本の年齢は当時30歳で2001年にジャニーズ入りした大ベテラン。当然のように山本は即座に契約解除となったが、こうした一連のJr.絡みの不祥事はジャニーズ幹部たちにとって”頭痛の種”となっていたのは確かだ。この懸案事項を一挙に解決へと近づける妙案として滝沢副社長が導入に踏み切り、断行に至ったというわけである。

 

今こそ「Jr.革命」を!

「滝沢副社長はこの”年齢制限”の施行に対し、相当にやる気になっているそうです。Jr.は、一昨年7月に亡くなられたジャニー喜多川さんも生前思いを込めていましたからね。そして、その巨匠が逝去した直後からJr.ではまるでタガが外れてしまったかのように醜聞や不祥事が相次いでいる。滝沢副社長としてはジャニー喜多川さんから”後を頼む”というような趣旨の遺言もきっと内々で受けているはずだけに、すっかり”ユルフン”になってしまっているJr.全体の現状には強い怒りに加え、忸怩(じくじ)たる思いも当然強いでしょう。『Jr.改革』こそが自分自身の重大責務として、燃えに燃えているのは言うまでもありません」(芸能評論家兼スポーツライター・後藤茂喜氏)

 

異例の「Jr.年齢制限」の裏側には故ジャニー喜多川さんの思いも反映させる”タッキーの怒り”があるようだ。

 

※トップ画像は、Ned Snowman / Shutterstock.comより

 

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ