ニットの定番スタイリングを「ニット以外」の素材で新鮮味

GISELe

あの手この手でニットを着つくす日々に、ときには必要な息抜き。とはいえあたたかさや気楽さなど、特有の安心感は捨てがたい。そこで、似て非なる素材や異なる質感による気分転換を、ニットの性格をヒントに検証。

【画像一覧】すべてのスタイリング

THEME : METHOD
「ニットでよくやる」をニット以外で
ついやってしまう、ニットありきのあのスタイリングを、異なる素材に置きかえるだけ。いつもの延長で、確実に目新しく見違える、簡単なマイナーチェンジ。

01. Switch >> SWEAT
「品行方正なレイヤード」
クラシカルなボウタイブラウスとニットの王道の重ね着をヒントに。気楽なスエットに切りかえることで、品のよさは保ちつつハズしにも作用。


あからさまなメンズっぽさとレディなボウタイのいい対比
グレースエット 13,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) 黒シースルーブラウス 54,000円+税/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) 黒サテンスカート 42,000円+税/Vince(Vince 表参道店) 黒バッグ 33,000円+税/VASIC(ヴァジック ジャパン) 黒ショートブーツ 20,400円+税/バナナ・リパブリック 大げさなボウタイも、スエットとならちょうどいい脱力感に。

>> KNIT

知性と品格をそなえたあせないレイヤード
ニットからボウタイを無造作にたらす、クラシックなレイヤードがカムバック。もう少し気楽に試したい人は手始めにスエットを。グレーや黒など、ベーシックカラーなら、ハズしすぎないカジュアルダウンが可能。

02. Switch >> CORDUROY
「気だるく深いVネック」
ざっくりニットとVネックからのぞく素肌のコントラストをコーデュロイで応用。白タンクを重ねた「隙」もそのまま参考に。


ニットのぬくもりと比例するやや太めの「うね」をセレクト
白コーデュロイVネックトップス 22,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) 白タンクトップ 5,800円+税/uncrave ベージュスラックスパンツ 9,900円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) サングラス 33,000円+税/アヤメ ブラウンミニショルダーバッグ 6,800円+税/アダム エ ロペ 太うねに前後差のあるすそ。着方さえ気だるい雰囲気に、センタープレスのスラックスで緊張感のギャップを。

>> KNIT

無条件に惹かれる肉厚ニットとVネック
ボリュームニットと深いVネックからデコルテがのぞく、計算ずくの女っぽさ。ぬくもりのある素材の範囲内でアレンジを。色っぽすぎず、かわいげを保てるエクリュと白タンクを重ねたひと手間もポイント。

03. Switch >> CUT & SEWN
「素材に甘えて攻めたディテール」
ソフトなニットだから試したくなる、肩やそでにあしらわれた装飾。よりカジュアルなカットソーなら、特徴のあるディテールでも自然体を維持できる。


モードすぎずラフすぎない優雅なスクエアフォルム
オリーブスクエアカットソー 23,000円+税/ハイムクンフト(モクオン) グレースカート 11,364円+税/COS(COS 銀座店) ベージュバッグ 45,000円+税/VASIC(ヴァジック ジャパン) ベージュショートブーツ 17,900円+税/A de Vivre ドレープを描くトップスの延長のように、なだらかに流れるフレアスカートを合わせることで、目新しいスクエアフォルムも力まずシック。黒を使わずして落ち着いた配色もポイント。

>> KNIT

エッジの効いた装飾とソフトな素材のいい関係
角のあるフォルムやフリンジ、パワショルなど、少々勇気を伴う装飾は、素材のやさしさで身近に引き寄せるのが常とう手段。ニット以外にカットソーのように気楽にまとえる素材なら、より日常になじみやすい。

04. Switch >> LEATHER
「クラシックにカーディガン」
黒のニットカーディガンによるグッドガールな装いから、こびないレザーへスイッチ。あどけないフリルも、大人の遊び心としてたしなみたい。


適度なメリハリを見込めるブルーデニムとのコントラスト
黒レザーノーカラーブルゾン 38,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 白ブラウス 14,000円+税/マカフィー(TOMORROWLAND) デニムパンツ 21,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) 黒バッグ 35,000円+税/MIMI(ビショップ) ソックス 1,800円+税/シックストックス(ノーデザイン) シューズ 8,800円+税/ル タロン(ル タロン 渋谷パルコ店) パフスリーブなら黒レザーでもハードすぎない。

>> KNIT

正統な白をのぞかせた「きちんと着る」楽しみ
白ブラウスとカーディガンによる「ひねらない」上品さが今こそ新鮮。オーセンティックなケーブルニットはもちろん、旬なレザーに切りかえるなど、カーディガンを「今」に寄せて、よりモダンに解釈するのもあり。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ