マリオット、エリート資格達成基準を実質引き下げ ダブルステイカウントも

Traicy

フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上マリオット・インターナショナルは、ロイヤリティプログラム「Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)」会員に対し、2021年のエリートステータスの達成基準を実質的に引き下げる。

2020年のエリートステータスを基準に、達成要件の半分の宿泊数を2月までに付与する。獲得できる宿泊数はシルバーエリートは5泊、ゴールドエリートは13泊、プラチナエリートは25泊、チタンエリートは38泊、アンバサダーエリートは50泊分。また、アンバサダーエリートの達成に必要な利用額は、20,000米ドルから14,000米ドルに引き下げている。

2月16日から4月27日までの2泊以上の滞在で、ダブルポイントとダブルエリートナイトクレジットを付与するキャンペーンを実施することから、より早くエリート資格を獲得できる。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ