『新感染』マ・ドンソク、主演最新作で“最強の男”に 『ザ・バッド・ガイズ』公開決定

クランクイン!

 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『悪人伝』で知られる俳優マ・ドンソクの主演最新作『ザ・バッド・ガイズ』が、4月9日より全国公開されることが決定。併せて日本版ポスタービジュアルが解禁された。

本作は、服役囚たちが協力して巨悪を討つという斬新な設定のクライム・アクション・エンターテインメント。韓国では2019年、興行の繁忙期となる秋夕(旧暦のお盆)連休期間に観客動員数第1位を記録した。キャストは、主演のマ・ドンソクのほか、キム・サンジュン、キム・アジュン、チャン・ギヨンらが出演する。

マ・ドンソクが演じるのは、かつて拳一つでソウルを掌握した「伝説の拳」パク・ウンチョル。懲役28年の刑で収監中だったが、減刑という破格の条件のもと特殊犯罪捜査課に合流、素手で悪党に立ち向かい、大木のような剛腕から繰り出される拳で次々に強敵をぶちのめす。ソウルで最も危険な服役囚ながら悪人どもをなぎ倒すその姿からは、彼が挑み続けてきた「悪い奴らを殴れば、それが正義だ!」というキャラクターの最強進化形を拝むことができる。

ベテランのキム・サンジュン演じる元刑事オ・グタクは、悪をもって悪を制する「バッド・ガイズ」こと特殊犯罪捜査課の発案者。囚人護送バスの襲撃と多数の凶悪犯罪者の脱走という前代未聞の事件に悪臭を嗅ぎ付け、ウンチョルの召集を提案する。キム・アジュン演じる天才詐欺師クァク・ノスンは、口八丁手八丁で人心掌握にたけ、犯罪捜査課をリードするブレーンとして活躍する。

バッド・ガイズの切り込み隊長ことコ・ユソンには若手実力派チャン・ギヨン。警察大学主席卒業のエリートでありながら、過剰鎮圧で収監されていたが、新入りとして特殊犯罪捜査課で今一度前線に立つことになる。若さみなぎる火花のようなアクションにも注目だ。

日本版ポスタービジュアルには、「狂犬を解き放て!」とのキャッチコピーと共に、パク・ウンチョル(マ・ドンソク)ほか特殊犯罪捜査課の面々が写し出されており、<ヤバい奴ら>がどんな姿を見せてくれるのか、期待の高まる一枚となっている。

映画『ザ・バッド・ガイズ』は、4月9日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ