ダウンコートでダサ見えしない鉄則。ボトムス次第で着やせも狙える

女子SPA!

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。冷え込む真冬の時期に手放せない、ダウンコート。とくに気温が低い日に長時間の外出となると、とにかくオシャレよりも防寒重視で着ちゃいますよね。

とはいえ、できるならダウンコートでも洗練され、かつオシャレなスタイルを維持したいものです。そこで今回は、そんなダウンコートの上手な着こなし方をご紹介します。

◆コツ1:ダウンを着る日のボトムスは「細くスッキリ」

ダウンコートを上手に着こなす最大のポイントは、なんといってもボトムスのシルエットをスッキリさせることです。むしろ、これ1点にだけ注意をすれば基本ダウンコートで着膨れ・野暮(やぼ)見えは回避できます。

ただし細身のパンツやスカートを穿いても、自身のボディラインが肉感的だと結局スタイリッシュに見えないのでは? と不安にもなりますよね。でも大丈夫です。ダウンコートがボリューミィなので、下半身に多少ボリュームがあっても、ダウンコートとの対比でスッキリ見えるのです! パンツラインをカバーしようとワイドパンツやギャザースカートを合わせるほうが横に広がって太って見えやすいので気をつけて。

デニムなら裾がすぼまった細身のシガレットやストレートライン。スラックスなら真ん中に折り目が入ったセンタープレスが相性良しですね。スカートはナロースカート(タイトスカートより少しゆとりのある細身スカート)がちょうど良いシルエットライン。この他、落ち感の美しいサテンスカート、プリーツスカートもOKです。より細見えを狙うならトップスとボトムスを同系色でまとめるかワンピースを選んで。

◆コツ2:コーデに使う色は3色以内に。全身の配色バランスで洗練!

ダウンコートの定番色といえば、やはり黒でしょうか。何につけても使えそうな黒を選ぶ方は多いですよね。しかし、使い勝手の良い黒は、一転して無難でつまらないイメージにもなりやすいため注意が必要です。これを防止するには、全身の配色バランスに気をつけてスタイリングをすると良いでしょう。とくに忘れがちなインナー、靴、バッグ、ヘアアレンジなどにも配慮をすると完璧です。

真冬のファッションコーデは基本的にアウターがコーデのメイン。アウターの色に合わせてインナーとなるニット、ボトムスを組み合わせます。黒のダウンコートで洗練コーデを目指すなら、手っ取り早いのは白のニット! さらにボトムスも白で統一すると清涼感がアップします。この時、あまり色は多用せず3色以内に抑えるのがベター。

例えば黒のダウンに、インナーとボトムスは白、バッグや靴はグレーといったモノトーンコーデは都会的でオシャレなイメージになります。ダウンコートがベージュ系なら、ホワイトとキャメルやブラウン系でまとめると馴染みが良いですね。

◆ダウンコートの買い替えどきは?

ボトムスのシルエットに気をつける、アウター含め全身コーデの色を統一させる。この2点に意識を向けるだけでかなり見え方が変わるので、まだ試したことがない方はぜひトライしてみてくださいね。

最後に、意外と悩みがちなダウンコートの買い替えのタイミングについて。ダウンコートの寿命は平均して3~4年と言われています。服の表面から羽毛が出てきはじめたら買い替え時と考えると良いでしょう。高価なダウンコートを5年10年と長く愛用している方もいるとは思いますが、高価なものだから必ずしも長く使えるという訳ではないようです。日頃のお手入れや使用頻度によって傷み具合は変わりますが、羽毛が出てきたら、買い替えやメンテナンスの検討をしても良いですね。

<文・イラスト/角 佑宇子>

【角 佑宇子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ