福士蒼汰『神様のカルテ』、新キャストに新山千春&伊原六花ら 第1話ゲストも発表

クランクイン!

 俳優の福士蒼汰が主演を務める2月15日スタートのドラマスペシャル 『神様のカルテ』(テレビ東京系)のレギュラーキャストとして、新山千春、伊原六花、上原実矩、村杉蝉之介、渡辺いっけいの出演が決定。併せて、第1話に風吹ジュン、岡山天音、宮澤エマらがゲスト出演することが発表された。

本作は、良い医師とは何かを考え、患者と正面から向き合う1人の若き医師の苦悩と成長を描いた、シリーズ累計330万部を超える夏川草介によるベストセラー小説のドラマ化。原作『神様のカルテ』『神様のカルテ2』『神様のカルテ3』『新章 神様のカルテ』計4冊の長編を、2時間×4話の計8時間という大型スペシャルドラマとして放送する。

主人公の一見風変りな心優しき内科医・栗原一止役を、テレビ東京のドラマ初出演・初主演で医師役も初挑戦の福士が演じ、一止の妻役で清野菜名、一止の師匠の医師役で北大路欣也が出演。さらに一止が勤務する「本庄病院」医師・看護師役に大島優子、上杉柊平、イッセー尾形、一止とハルが住む「御嶽荘」住人に大倉孝二の出演が決定している。

今回、「本庄病院」で働く医師や看護師を演じる5人を発表。救急看護師長・外村勝子役を新山、病棟新人看護師・水無陽子役を伊原、病棟看護師・御影深雪役を上原、循環器内科医で一止が自若先生と呼ぶ小山田英秋役を村杉、事務長・金山弁治郎役を渡辺がそれぞれ担当する。

さらに2月15日放送の第1話のゲストキャストとして風吹、岡山、宮澤の出演も決定。風吹は入院患者で胆のう癌と戦う安曇清子役、岡山は「御嶽荘」住人で大学院生の橘仙介役、宮澤は仙介の姉・楓役で出演する。

レギュラー出演が決まった新山は、「このドラマを見終わった後に込み上げてくる感情や涙が、それぞれの大切な方に対しての優しさへと繋がり、人への思いやりで溢れた社会になっていくことを願っています」、伊原は、「時に、規律や理屈から外れていても、相手を思いながらつくっていく時間は本当に温かくて、幸せだなと演じていて思いました。今この時期だからこそ少しでも希望や温かさを2時間×4話で大切に届けられたらなと思います!」とそれぞれコメント。

そして第1話ゲストの風吹は、「安曇さんの年齢や病と孤独を、私の思うリアルで台本に沿って演じようと思いました」と語り、「第1話から、一止先生の葛藤と医療現場の苦労、そして暖かい時間を共感して頂けたら嬉しいです」とメッセージを寄せた。

ドラマスペシャル『神様のカルテ』は、テレビ東京系にて2月15日20時より放送。全4回。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ