不幸まっしぐら! 一緒にいると“病む”彼氏の特徴




本来なら、好きな人と付き合えるのは幸せなことです。付き合いが長くなるにつれ、順調に2人の関係が深まっていき、信頼感も増していくでしょう。しかし付き合う相手によっては、一緒にいればいるほど不安になり気持ちが沈んでいくことも……。
今回は、「一緒にいると“病む”彼氏の特徴」についてまとめてみました。

一緒にいると常にドキドキ

「彼と一緒にいると常にドキドキ……。こんなにときめける人にはもう出会えない! と夢中になった結果、夜は眠れず、十分な食事もとれず、体調を崩す事態に。
そんなとき、友人から『それはときめきじゃなくて不安とか心配のドキドキだから!』と言われ、目が覚めました」(27歳/不動産)

▽ スリルを与えてくれる人を好きになってしまう、という女性も少なくないのでは? 刺激的な男性は魅力的ですが、一緒にいると体力を削られるのもたしかです。

「君がいないと…」系

「なんでも悪いように考えて『君がいないと僕はダメだ……』とか言うタイプの男性と付き合ったことがあります。当時は『この人は私が守ってあげなくちゃ!』なんて使命感に燃えていました。
しかし、彼と付き合ううちに私までネガティブな性格になってきて、共倒れはまずいと思い別れることに」(30歳/金融)

▽ 恋人に依存するタイプの男性とのお付き合いも、なかなか大変です。彼女が「彼を助けてあげたい」と思っても、彼自身に変わる気がなければずっとそのままでしょう。

2人きりの世界を作ろうとする



「元カレからは『男はもちろん、女友達とも極力連絡をとらないで』と言われていました。平日も休日もずっと彼と一緒で、最初は幸せだったけれど、少しずつストレスを感じるように……。
周りを除外して、2人きりの世界に引きこもろうとするなんてやっぱり変、と思いお別れしました」(28歳/IT関連)

▽ 恋人の交友関係を断ち切ろうとする男性。彼女のことが好きすぎて……という気持ちもわかりますが、大人ならもう少し余裕を持って接してほしいものです。

彼女を遠慮させる

「女性のいる飲み会に出席したり、女友達と連絡をとったりと、なにかと不安にさせてくる彼。でも問い詰めると不機嫌になるので、いつしか私もなにも言えなくなっていました。
それでも彼のことが好きなので付き合い続けているのですが、こんな関係おかしいですよね」(25歳/サービス業)

▽ 自分に非がないのなら、彼女からなにをきかれても堂々と答えられるはず。言い訳するわけでもなく、威圧感で彼女を脅すなんてありえません。

「一緒にいると“病む”彼氏の特徴」についてご紹介してきました。みなさんが今付き合っている男性は大丈夫そうでしょうか? 相性の善し悪しというのは本当にわかりやすく、合わない男性と付き合うと、気持ちが落ち込んだり、体調が悪くなったりします。
彼と一緒にいて幸せよりも不安やストレスを感じることが多いようなら、付き合い方を見直した方がいいかもしれません。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ