松下洸平演じる津山、澪に好意!?食事に誘ったことを知った元春は…『知ってるワイフ』第3話

テレビドガッチ

関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが夫婦役で出演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第3話が、1月21日に放送される。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

先週放送された第2話では、元春は2度目のタイムワープで2010年に戻り、妻になる建石澪と出会わないように注意しながら、大企業の令嬢である江川沙也佳(瀧本美織)とのデートを成功させる。その瞬間、光に包まれて2020年の現在に戻ると、妻は澪ではなく、沙也佳に替わっていた。元春は「望んでいた結婚生活だ」と心を弾ませながら、銀行へ出勤すると、澪が本店から異動してきて……というストーリーが展開。インターネット上では「面白すぎてあっという間に感じた。これはどハマりした!!!」「奇妙だけど奥が深く少々切ない。これは毎週楽しみです」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>
剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬)を思わず抱き止めた。驚いた澪は元春を見つめる。元春は澪の表情を見て「自分が過去を変えたことを知っているのではないか?」と疑う。しかし、それは元春の思い過ごしのようだった。だが、澪は元春に“澪”と呼ばれた気がしてどこか懐かしい気持ちを感じていた。澪は顔の分からない男性に“澪”と呼ばれる夢を何度も見ていたのだ。

支店で行われた振り込め詐欺対策の勉強会の後、津山千晴(松下洸平)が澪を食事に誘う。澪は、今日は都合が悪いと断るが、今度必ず行くので食べたいものを考えておくと答えた。社交辞令を疑う津山に、澪の性格を知っている元春は彼女のことだから本当に考えるのではないかと伝える。

帰り道、元春が車を運転していると倒れた自転車の脇にうずくまる澪を見つける。元春は放っては置けずに澪のもとへ。怪我の手当をしていると、澪は客が振り込め詐欺に遭っていそうな時の合図を決めようと言い出す。いろいろなサインを提示する澪に、元春は真剣には答えず、車に乗せて送った。元春に、再び疑問が。なぜ自分が転倒した澪に出くわすのか? やはり偶然ではないのか? そんな時、元春は小池良治(生瀬勝久)を偶然見つける。なぜ澪が自分の前に現れたのかと尋ねる元春に、小池は“いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる”と……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ