男性たちに聞いた!こんな恋の駆け引きにドン引きしました #2「自分から声をかけないのに」

ウレぴあ総研

好きな人の心を掴もうと、あれこれ駆け引きをする女性は多いもの。しかし、駆け引きの内容によっては、男性からかえって嫌がられてしまうなんてことも!

では、好きな人に好きになってもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、女性にされた“恋の駆け引き”でドン引きしたことについて、男性たちに聞いた実録エピソードを紹介します。

「職場に、僕に好意を抱いていて、いつもお仕事を手伝ってくれる女性がいます。

僕が困っていると『今日は元気ないね?』と声をかけてくれるなど大変ありがたいのですが、他の女性と話しているとその人を睨んで威嚇するところがありました。

交際したら嫉妬が凄そうだなと思い、正直恋愛対象ではありませんでした。

ある社内での飲み会の日、その女性は僕とは席が離れていたのですが、終始ジーッと鋭い目でこちらを観察してくる始末。さすがにこれでは、他の女性と仲良くできません。

ならば、彼女がせめて僕に話しかけてくれればいいのですが、それすらしようともしません。おそらく、僕から話しかけて欲しいと考えているのでしょう。

でも、僕ははっきりいって彼女と話したいわけでもありません。むしろ、彼女よりも少し若い女性と楽しく会話をしたいくらいです……。

そもそも自分が僕と話したいなら、自分から話しかけたらいいのにと思います。自分から話しかけもしない癖に、威嚇して牽制しようとする彼女には本当にドン引きしました」(30歳/設計)

「女性は愛されて幸せ」と、恋愛指南本でも多く紹介されています。なかには、自分から声をかけるのではなく、男性に話しかけてもらうように仕向けるテクニック本なども。

しかし、それはあくまで男性が少しでも女性に気がある場合だからこそ効果があるのであって、全く関心すら持っていない相手にはどんな小手先のテクニックも効果がありません。

むしろ、仲良くなりたいなら自分から近づいて話しかける他ないと言えるでしょう。

とくに女性のなかには、他の女性と意中の男性が仲良くするのが許せないあまり威嚇するタイプも少なくありません。

しかし、この行為は男性からすれば迷惑でしかありません。本当に相手を思うならば、相手が嫌がる行為は慎みましょう。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ