岡田将生が『行列』で才能開花! 東野幸治も絶賛「続けたらいい」

※画像は、映画『さんかく窓の外側は夜』公式Twitter(@sankakumadoeiga)より

 

1月17日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に映画『さんかく窓の外側は夜』で主演を務める俳優の岡田将生がゲスト出演。オープニングトークからひたすら東野幸治に絡まれるなど、へとへとになりながらも最後は書家としての才能を開花させた。

 

東野幸治「続けたらいいと思うホンマに」

以前「行列」で、切れ味抜群のナイフを紹介した際に、それを実証すべくステーキカットに挑戦するも“上手く切れない!”というまさかの展開でスタジオを沸かせた岡田。さらに別の回でも「釣りとかするの?」と聞かれ「釣りしたいですね。いろいろしたい事がたくさんあって」と語ったその直後、「釣りの他は?」と聞かれ「出てこないですね」とズッコケさせた過去を持つ。

 

そんな岡田が今年の抱負を聞かれ「英語を勉強しようと思って。海外の方と仕事をすると英語がどうしても必要になるので一から勉強しようと思ってます」と俳優業での志を語るも、これまでの岡田を見てきた東野は「何かキャラクターもちょっと変わってえらい声も低くなって。この番組で岡田君といえばキャッキャしてたのに」とイメージチャンジを図ろうとする岡田の思惑をバラしにかかる。これに岡田は「やめろよ!ヤダよもう!もう本当嫌なんだよ!」と涙目で絶叫し「けっこう出始めメチャメチャ良かったのに!東野さんが今回MCじゃなくて良かったと思ったのに(まさかひな壇の)後ろからスゴい言われるなんて」と嘆いた。

 

しかし事態は一転、新年初挑戦の企画で「大きな書初めをしたい」と申し出た岡田は、書家・憲真から「利き手とは逆の手で書く」など幾つかのアドバイスをもらい、ぶっつけ本番で「翔」の文字をしたためる。その見事な出来栄えに出演者から一斉に歓声が上がり、映画「さんかく窓の外側は夜」で共演した志尊淳も「めちゃめちゃカッコイイ!」と大絶賛。

 

番組内で終始岡田をいじっていた東野も「続けたらいいと思うホンマに」と目を輝かせながらコメントし、これに岡田も「ほんとっすか?書くのは本当に好きなので!」と心底嬉しそうに答えていた。

映画『さんかく窓の外側は夜』は1月22日より公開。公式サイトはこちら。

https://movies.shochiku.co.jp/sankakumado/

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ